1月20日(日)に行われるアメリカジョッキークラブカップ2019の追い切り情報です。


過去3年の1〜3着馬の最終追い切りはこちら


2018年
1着ダンビュライト 栗東坂路 併せ遅れ
51.3-38.1-25.4-13.0

2着ミッキースワロー 美浦南W 単走
67.4-52.7-38.7-12.6

3着マイネルミラノ 美浦南W 単走
72.4-56.2-41.4-13.2


2017年
1着タンタアレグリア 美浦南W 併せ先着
84.6-68.5-53.3-38.4-12.6

2着ゼーヴィント 美浦南W 併せ遅れ
52.8-38.4-12.7

3着ミライヘノツバサ 美浦南W 単走
69.3-53.9-40.2-13.0


2016年
1着ディサイファ 美浦坂路 単走
54.2-39.3-26.0-12.9

2着スーパームーン 美浦坂路 併せ先着
54.5-39.1-24.9-12.4

3着ショウナンバッハ 美浦南W 単走
68.5-51.4-37.2-12.3

先週の3日開催は10万円開始の3鞍コロガシで165万円獲得成功!
今週は「強力情報馬」が出走となるため、10万円×2鞍のコロガシ大勝負週となります。
合言葉「イチロクゴ」の記載メールで情報料金から2万円引きでの登録とさせていただきます。



多いのは美浦南Wですが、坂路からも栗東からも勝ち馬が出ているので
どこで追いきったかはそれほど重要ではなさそうです。
追い切りの内容を重視したいですね。


☆今年の出走馬の追い切りはこちら。

アクションスター 美浦南W 単走
68.5-52.8-39.6-13.1

サクラアンプルール 美浦南W 併せ先着
83.9-67.4-52.1-37.8-12.9

ジェネラーレウーノ 美浦南W 併せ先着
51.5-37.4-12.8

シャケトラ 栗東CW 併せ先着
83.4-67.2-52.2-37.6-11.8

ショウナンバッハ 美浦南W 単走
55.4-40.0-13.4

ステイインシアトル 栗東CW 併せ先着
85.2-67.7-51.8-38.1-11.6

ダンビュライト 栗東坂路 併せ先着
52.4-38.0-24.8-12.4

フィエールマン 美浦南W 併せ先着
84.6-67.9-53.2-38.6-12.3

マイネルミラノ 美浦南W 併せ遅れ
83.9-68.1-53.5-39.6-13.6

ミライヘノツバサ 美浦坂路 単走
53.8-39.5-25.6-12.3

メートルダール 美浦南W 併せ先着
70.8-55.4-40.8-13.3

アメリカJCCの追い切りからの注目馬は⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。



J.H.Aは降格制度があるので馬券師は毎回必死!つまり本気の予想をしています。
先週もフェアリーS的中!!今週の『アメリカJCC(G2)』でJ.H.Aの実力を無料で試すことができます!


J.H.Aとは

JAPAN
HORSEMAN
ALLSTARS

の略。

つまり、J.H.Aには日本最高クラスの馬券師たちが揃っているということ。

ほとんどの馬券師は、J.H.A代表がスカウトした精鋭揃い。

何よりもお客様にプラス収支をご提供する事を至上命題と考えておりますので、
経験より実力を重視して選ばれた馬券師たちとなっています。

J.H.Aの正式な馬券師に昇格するためには、
およそ二か月の試験期間内で、一定の成績を収める必要があります。

その試験をクリアした実力者だけが
今のJ.H.Aで予想を提供しているのです。

情報をご提供させて頂く以上、コースの得手不得手、調子の良し悪しは考慮できません。
昇格後も成績次第では、J.H.Aから除名するという
馬券師にとっては毎週、毎レースが試験の真剣勝負となっています。


何はともあれ、論より証拠。
J.H.Aの実力を試していただきたく、
今週の重賞レース『アメリカJCC』の予想を無料で提供させていただきます。
 ↓  ↓  ↓  ↓
JHAアメリカジョッキークラブカップ


『アメリカJCC』は古馬のG2という
一見平穏な決着になりそうなレースと見せかけて、
2015年はゴールドシップが敗れて16万馬券、
2014年は29万馬券が出ている
大きなリターンも期待できるレース。

J.H.Aの馬券師たちのジャッジには注目ですが
精鋭揃いの馬券師達の中でも重賞レース頼りになるのが、
Gマイスター氏

Gマイスター氏は今年最初の重賞レース中山金杯で865,480円を獲得!!
JHA中山金杯的中


ちなみに先週のフェアリーSでも383,180円の払い戻しをしています。
JHAフェアリーステークス的中

やはりGマイスター氏の重賞レースでは強さは別格です。

また先週は「征二郎氏」の200万超えの払い戻しや、
若き天才「池野氏」の高配当連発もすごかったですね。

ここで注目してもらいたいのは
Gマイスター氏、征二郎氏、池野氏と
3連単なのに買い目がとても少ないということ!

ここまで買い目を絞れるということは実力と自信があるからですし、
参考にする方も助かりますよね!


つまりJ.H.Aには本物の馬券師が揃っているということです。


今週のアメリカジョッキークラブカップ
菊花賞馬が参戦と、
競馬ファンとしては本当に楽しみなレース!

ただ、J.H.Aの馬券師達は降格制度があるので、どのレースも必死で真剣勝負です。
今回の指定レース日経新春杯で結果を出せなければ
新年早々降格のピンチになってしまいます。

これは馬券師達にとっては大きな痛手ですから、
必ず当てようと本気の予想をしてくるのです。

しかも今残っているのは秋のG1シーズンで好成績を残し、契約延長を勝ち取った馬券師達。

つまり、本当に実力のある馬券師達による本気の予想が見られるということです。


『アメリカJCC』は2015年は16万馬券、2014年には29万馬券も出た馬券妙味のあるレース。
つまりこのレースを当てることが馬券師自身の実力を証明することになるのです!
馬券師たちのこのレースへの本気度、そして意気込みは。。。わかりますよね!?
⇒こちらからJHAの本気の予想を体験してください。
JHAアメリカジョッキークラブカップ