オールカマー2018が行われる中山芝コースの血統データを、予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。
オールカマー2018予想参考
中山芝コースの傾向を分析することでオールカマーの注目馬を探します。
☆先週同じコースで行われたセントライト記念は
ロベルト系の血統を持つ馬が1着2着、
ダンチヒ系の血統を持つ馬が1着3着でした。
パワーとスピードの持続力が要求されたと考えられます。
※オールカマーの登録馬で父か母父がロベルト系なのはエアアンセム・ゴールドアクター・マイネルフロスト・レイデオロ
父か母父がダンチヒ系なのはプリメラアスール・マイネルミラノ



☆この2つの血統は他の距離でも走っており、要注目ですね。



ハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)も好調です。
セントライト記念でも3着に好走しました。



☆他ではステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統にも注意したいですね。
※オールカマーの登録馬ではガンコ・ショウナンバッハ・ブラックバゴ・マイネルミラノ・ミライヘノツバサがステイゴールド(サンデーサイレンス系)の血統を持っています。


先週の3日開催は5戦3勝で50万円獲得となりました。
先週は日曜日の中山メインで5番人気のアングライフェンを穴馬指定で208倍的中!
今週は3スプリンターズSの1週前となりますが、穴馬出走週となり、秋のG1線戦の資金を確保していただきます。



□■□■□■□■□■□■□■□■□

   第64回 オールカマー(G2)

     万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開

    →ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

天皇賞・秋、ジャパンカップ、ジャパンカップといった秋の王道路線を目指す馬たちが徐々に動き始めるのが9月。中山芝2200mの条件で行われる前哨戦がオールカマーだ。今年は17年ダービー馬・レイデオロを始め、皐月賞馬・アルアイン、グランプリホース・ゴールドアクターといったGI馬たちが、このレースで秋の始動戦を迎える。

ただ、実力通りに決まるとは限らないのが前哨戦。GI馬たちは本番に向けて賞金的にも余裕があるだけに「8分くらいのデキ」で出走することも珍しくなく「GIじゃ足りないからココで勝っておきたい」といった思惑を持って出走する陣営も。また、賞金的にボーダーラインにいる馬であれば「GI戦線へ向けて、最悪でも賞金加算はしなきゃアカン」と前哨戦でメイチ勝負を掛けてくる馬もいる。

しかし、こういった本音を表に出しても、陣営にとってはマイナスしかならない。そのため、ほとんどの新聞やマスコミ報道では、当たり障りないコメントばかりが並ぶことになるのだ。一方、業界最高峰とも言われる情報網をトレセン内外に持つ当社シンクタンクは、各陣営の勝負度合いから馬の仕上がり具合などあらゆる情報を入手し、どの馬が“買い”なのかを的確にジャッジすることが可能だ。

実際に当社は、昨年のオールカマーも、重賞特捜部が入手した内部情報から◎○▲の大本線3頭で【3連単2万0150円的中】をお届けしている。注目馬が集結する一戦とあって、今年も早くから有力情報を多数舞い込んでいる状況だが、今週は特別にオールカマーの【3連単勝負馬券】の情報を特別無料公開。今年も万馬券を仕留めたい方は、是非とも当社の情報を見て有効活用していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

   第64回 オールカマー(G2)

     万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開

    →ココをクリック!

シンクタンク:オールカマー300_250