凱旋門賞2016予想10月2日(日)に行われる凱旋門賞2016の予想です。
凱旋門賞の出走馬と過去5年の1〜3着馬の血統データを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。
日本からはマカヒキが出走します。
【凱旋門賞】過去5年の傾向(出馬表から):※今年はロンシャンではなくシャンティイで行われます。
父ノーザンダンサー系(大系統)が大中心。
☆その中でも特にサドラーズウェルズ系ダンチヒ系が活躍しています。
☆それ以外の血統で健闘したステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)ロベルト系は、今の中山でよく走っている血統ですね。

シャンティイ芝2400mで行われた重賞の傾向(表):☆例年、凱旋門賞を勝ちそうなサドラーズウェルズ系ダンチヒ系が2着になっていて、その他の系統が勝っています。
これを、凱旋門賞っぽい血統も問題なく走れていると見るか、
やはりロンシャンとシャンティイでは少し違うようなので、父ノーザンダンサー系(大系統)以外の血統にもチャンスがありそうと見るか。



◎は父ミスプロ系×母父サドラーズウェルズ系の、この馬。
人気ブログランキングへ

今年はロンシャンではないので、父がノーザンダンサー系(大系統)ではない馬を狙ってみたいと思います。
本命馬はDubawi×シングスピールという配合からは、ピュッと動けるタイプというイメージ。
実際前走のヴェルメイユ賞では鋭い決め手を見せました。
外枠は気になりますが、あちらのレースはこういうタイプが一気に抜け出して勝負を決めるというパターンも多いように感じますし、斤量もやはり有利だと思います。

○マカヒキ。
ノーザンダンサー系(大系統)以外にもチャンスがあるという予想なら、当然ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)のマカヒキにもチャンスあり。
こちらも外枠は不安ですが、トップスピードだけではなく加速力もある馬なので、しっかり脚を溜めることが出来ればチャンス。

▲ポストポンド。
古馬牡馬の59.5kgはもちろん厳しいとは思いますが、父・母父ともにミスプロ系で、シャンティイで行われる今年こそ買いたい。

△ニューベイ。
この馬も父・母父ともにミスプロ系

△ハーザンド。
父ダンチヒ系で、例年であれば◎はこの馬か。

【予想印】
人気ブログランキング
○マカヒキ
▲ポストポンド
△ニューベイ・ハーザンド


あの競馬劇場が『凱旋門賞』の情報を公開!


的中報告、不的中報告が正直で
ユーザーの信頼度が高いサイト『競馬劇場』

マカヒキ参戦
そして、初の海外競馬馬券発売ということで盛り上がっている
『凱旋門賞』の情報を公開するということです!

競馬劇場凱旋門賞

これは本当に楽しみ!


もちろん、凱旋門賞だけではなく
日本のレース情報も充実していますよ^^

特に競馬劇場の特徴といえば、
無料コンテンツが充実していることですね!

なかでも
「マコちゃんの推し馬っ!」が面白い(笑)

競馬劇場マコ

とぼけた感じで、ただ読んでるだけで笑えるのですが
馬券も結構鋭いところを突いてくるんですよ(驚)


『競馬劇場』への無料登録は

1.メールアドレスを登録
2.競馬劇場から仮登録メールが届くので、そこに記載しているURLをクリックするだけ!

これだけで簡単でしたし、

新規で登録した時には
無料3連複情報をもらいました。

『競馬劇場』で凱旋門賞、
そして秋競馬を楽しみましょう!