東京新聞杯出馬表
左は【東京新聞杯】東京芝1600m
出馬表と各馬の血統、
過去3年の1〜3着馬の血統を表にしたものです。
2003年は中山競馬場で行われたため割愛させていただきます。
(クリックすると大きな画像で見ることができます。)


それでは東京新聞杯の予想を書かせていただきます。
本日1月29日の東京競馬場芝コースはサドラーズウェルズ系が2勝をあげる活躍。
東京新聞杯参考



東京新聞杯出走馬ではアサクサデンエンが父サドラーズウェルズ系。

ヘイロー系もやはり安定した成績を残しており、
明日以降は一気に爆発する可能性もあります。
昨年の勝ち馬ウインラディウスは父ヘイロー系×母父ニジンスキー系で
今年も好勝負出来そうです。

また母父ではネイティブダンサー系も好走。
グレイトジャーニーは父ヘイロー系×母父ミスプロ系。

昨年のこの時期の東京開催開幕週で
父サンデーサイレンス×母父リボー系のハイアーゲームが1800mではありますが勝っており、
この父・母父の組合せとなるハットトリックも無理には消せません。

本日の芝1800m2着馬とまったく同じ
父ブライアンズタイム×母父カーリアンのトレジャーにも注目します。

【結論】
◎アサクサデンエン
○ウインラディウス
▲ハットトリック
△グレイトジャーニー
△トレジャー

【買目】
◎から3連単マルチ


【人気ブログランキング】ワンクリックの応援お願いいたします