5月15日に行われた
新潟大賞典・京王杯SCを1〜5着馬の血統をみながら
簡単にではありますが振り返りたいと思います。
【新潟大賞典】予想はこちらです。
新潟大賞典結果施行コースでの好走血統が複数あるときはどれを重視するかが大事で、センスの問われるところなのですが、私はロベルト系を重視。終わってみるともうちょっとグレイソヴリン系を気にするべきだったのかなと反省。センスがないのです。
勝ったエアセレソンは前日同コースで同じチーフベアハート産駒が1着になっていました。向いている馬場で好走する正直な馬は好きです^^
2・3着には母父セントサイモン系(大系統)の2頭。◎トーセンジョウオーは15着。直線まではまずまずの手応えに見えましたが瞬発力勝負になっては出番はないですね。BOXとはいえこの馬に◎を打ったのはさすがに無謀でした。5着のツルマルヨカニセはこれからもある程度人気になりそうで、何気に難儀な馬になりそうな予感。

【京王杯SC】予想はこちらです。
京王杯SC結果後藤浩輝アサクサデンエンがいきなりの先行策。内から早めの仕掛けというサンデー軍団に勝つためにはベストの騎乗。なんで皐月賞ではそういう乗り方をしてくれなかったの?とちょっと悲しくなりました。
◎吉田豊ニシノシタンはスタート後ややゴールデンキャストに絡まれマイペースの逃げはできず、直線でもアサクサデンエンにまったくかわいがってもらえず、あっさりと抜かれてしまいました。それでも5着に粘れたのは「充実している」「東京芝は前有利の状態」ということでしょう。
オレハマッテルゼは早めに抜け出すと気を抜くという悪癖があるらしいですが、今回は先頭に立てず。
テレグノシスは微妙な3着。2003年は京王杯SC1着→安田記念7着、2004年は京王杯SC2着→安田記念2着。どうしましょうね。

【京王杯SC】【新潟大賞典】他の馬系ブログの予想結果は!?(人気blogランキングへ)
【無料メルマガ登録】
――――――――――――――――――――――――――――――――――
【血統フェスティバル】データ
記録用シート(プリントアウトしてお好みでご利用ください)(PDF 2KB)
2005年第2回東京開催データ(PDF 49KB)
2005年第3回京都開催データ(PDF 53KB)
2005年第1回東京開催データ(PDF 43KB)
2005年第2回京都開催データ(PDF 48KB)

データはすべて無料です。よろしければご利用ください。
その他のデータもこちらから無料で利用できます。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
【血統フェスティバル】blogのTOPへ