京成杯出馬表左は【京成杯】中山芝2000mの出馬表と各馬の血統、近5年の1〜3着馬の血統です。(クリックすると大きな画像で見ることができます。)「系統色分け表」はこちらです。【京成杯】の予想を書かせていただきます。
☆【京成杯】登録馬の血統
☆【京成杯】攻略!中山芝2000m!
★しゃべる!血統フェスティバル 京成杯・日経新春杯予想

  • 【京成杯】近5年の傾向(出馬表2から):近5年の勝ち馬はすべて母父ノーザンダンサー系(大系統)となっている。特にダンチヒ系リファール系ニジンスキー系に注目。父ヘイロー系からも毎年約2頭が馬券に絡んでいる。中山での近4年はすべて上がり最速馬が1着になるなどメンバー内での上がりの速さは必要だが、数字的には35秒台前半で十分足りる。自分で外目を上がっても最後まで持続できる馬。

  • 今中山開催芝2000mの結果(表)ターントゥ系(大系統)は悪くはないもののいつもほどの絶対的な存在感はない。リファール系サドラーズウェルズ系ネヴァーベンド系ヘロド系(大系統)に注目したい。

  • 1月13日中山芝コースの結果(表)母父ネヴァーベンド系が2勝。

    ◎は父ヘイロー系×母父ノーザンダンサー系(大系統)のアルナスライン。前走はダートではありましたが先団から早めに外を上がって直線入り口先頭から突き放す競馬。この競馬は京成杯の好走パターンに当てはまる。またダートを使ったことでの踏ん張り効果に期待。
    ○に父ヘイロー系×母父ネヴァーベンド系のローズプレステージ。母父ネヴァーベンド系は今中山開催芝コース絶好調。
    ▲はメジロライアン産駒(ノーザンテースト系)でしぶとく伸びるマイネルアナハイム。
    最後に母父ダンチヒ系ショウリュウアクト。

    【予想印】
    ◎アルナスライン
    ○ローズプレステージ
    ▲マイネルアナハイム
    △ショウリュウアクト
    買い目:馬連・3連複BOX

    キルトクールは 7 メイショウレガーロキルトクール
    逆にこういうところでこそ好走するタイプの予感も、やはり危険な匂いがしないでも・・・。

    【血統フェスティバル】のメルマガ(無料)に登録!
    【血統フェスティバル】blogをlivedoor Readerに登録!
    1月14日日曜日の系統色分け出馬表


    【血統フェスティバル】データ
    記録用シート(プリントアウトすると便利です。)(PDF 2KB)
    2007年第1回中山開催データ 1/6〜1/8(PDF 29KB)
    2007年第1回京都開催データ 1/6〜1/8(PDF 36KB)
    2006年第5回中山開催データ(PDF 45KB)
    2006年第1回中山開催データ(PDF 47KB)
    2006年第1回京都開催データ(PDF 52KB)