アーリントンC出馬表左は【アーリントンC】阪神芝・外1600mの出馬表と各馬の血統、近5年の1〜3着馬の血統です。(クリックすると大きな画像で見ることができます。)「系統色分け表」はこちらです。【アーリントンC】の予想を書かせていただきます。
☆【アーリントンC】登録馬の血統

  • 【アーリントンC】近5年の傾向:※今年から外回りコース使用のため、これまでの傾向は参考にならない可能性大ですのでご注意ください。
    ノーザンダンサー系(大系統)×ミスプロ系という組み合わせが活躍。ロベルト系も良い。

  • 2006年3回阪神開催芝・外1600mの結果(表):中心はターントゥ系(大系統)で、グレイソヴリン系ニジンスキー系などの影響も強そう。

    ◎はアドマイヤベガ産駒(ヘイロー系)のコンティネント。このコースで未勝利戦2着の実績?もありますし、前に行ってある程度の上がりでまとめることができるのはこのコース向き。
    ○に父グレイソヴリン系のアドマイヤヘッド。前走は大敗も上りでかかり気味に上がっていったことも痛かったはず。久しぶりに内の方に入れた今回、すっと前の方につけることができれば。
    ▲にも父グレイソヴリン系トーセンキャプテン。鞍上は阪神JFのときのように特に何も考えず武Jに着いていけばよいのではないでしょうか。
    他はマイネルレーニア・トーホウラムセスまで。

    【予想印】
    ◎コンティネント
    ○アドマイヤヘッド
    ▲トーセンキャプテン
    △マイネルレーニア・トーホウラムセス
    買い目:◎から馬連・3連複

    キルトクールは ローレルゲレイロキルトクール
    外からでも強引に先行してしまえば地力でなんとかなりそうですが、中団辺りから外を回したりするとそうそう届かないのでは。

    【血統フェスティバル】のメルマガ(無料)に登録!
    【血統フェスティバル】blogをlivedoor Readerに登録!
    2月24日土曜日の系統色分け出馬表


    【血統フェスティバル】データ
    記録用シート(プリントアウトすると便利です。)(PDF 2KB)
    2006年第2回中山開催データ(PDF 44KB)
    2006年第1回阪神開催データ(PDF 49KB)