フェブラリーS出馬表左は【フェブラリーS】東京D1600mの出馬表と各馬の血統、過去5年の1〜3着馬の血統です。(クリックすると大きな画像で見ることができます。)「系統色分け表」はこちらです。【フェブラリーS】の予想を書かせていただきます。
★ウマニティでの予想
☆【フェブラリーS】登録馬の血統
☆【フェブラリーS】攻略!東京D1600m!

  • 【フェブラリーS】過去5年の傾向(出馬表2から)ストームバード系に注目。近年はターントゥ系(大系統)×ノーザンダンサー系(大系統)という配合馬が活躍している。中団からジワッと仕掛けて35.5前後で上がれる差し馬。

  • 東京D1600mの傾向(表):最近はヴァイスリージェント系が活躍。土曜日はロベルト系も2連対と好調だった。


  • ◎ワイルドワンダー フェブラリーS(2008年)◎は父ロベルト系×母父サンデーサイレンス(ヘイロー系)ワイルドワンダー。母父サンデーサイレンス(ヘイロー系)の勢いは全く衰える気配がなく、むしろG1となればここぞとばかりに主張してきそうな気も。現在のダートで求められるスタミナは父ブライアンズタイムから、近年のフェブラリーSに対応するためのスピードは母父サンデーサイレンスから。「スタミナは母系から」とは逆になっちゃいましたが^^;
    ○にも母父サンデーサイレンス(ヘイロー系)ヴァーミリアン。
    スピード型からは▲デアリングハート。
    ストームバード系アンパサンド。差しきることは難しそうでも確実に伸びそうなメイショウトウコン。適距離ブルーコンコルド。

    【予想印】
    ◎ワイルドワンダー
    ○ヴァーミリアン
    ▲デアリングハート
    △アンパサンド・メイショウトウコン・ブルーコンコルド
    買い目:馬連・3連複ボックス

    キルトクールはフィールドルージュ
    伸びてはくるのでしょうが・・・。

    180x60_0802
    日本一の無料会員制競馬SNSへ参加しよう!



    【血統フェスティバル】データ
    記録用シート(プリントアウトすると便利です。)(PDF 2KB)
    2008年第1回東京開催データ
    2008年第2回京都開催データ