ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!
中山金杯出馬表左は【中山金杯】中山芝2000mの出馬表と各馬の血統、過去5年の1〜3着馬の血統です。(クリックすると大きな画像で見ることができます。)【中山金杯】の予想を書かせていただきます。
☆【中山金杯】登録馬の血統
☆【中山金杯】攻略!中山芝2000m! ☆まとめ
★moblog ★無料メルマガ ★twitter

トラコミュ
第59回 中山金杯(GIII)

  • 【中山金杯】過去5年の傾向(出馬表から)サンデーサイレンス系(ヘイロー系)×ノーザンダンサー系(大系統)という配合が4連勝中。サンデーサイレンス系×スタミナ型配合、もしくはスタミナ型サンデーサイレンス系が良い。勝つためには直線入り口ではある程度前にいたい。

  • 中山芝2000mの傾向(表):タイプとしてはスタミナ型血統(万能型)が、系統ではターントゥ系(大系統)が中心。ノーザンダンサー系(大系統)からもリファール系サドラーズウェルズ系といったスタミナ型の活躍が目立つ。


  • トラコミュ
    第59回 中山金杯(GIII)見解


    ◎は父フジキセキ(ヘイロー系)×母父ノーザンテーストのゴールデンダリア。ある程度スタミナのありそうな血統が走っている点は正直不安も、中山金杯は勝負どころからレースが加速することが多いため、それに対応するためのスピードも必要で、そこは血統的に大丈夫。スピードの持続という意味でノーザンテーストを持っているのは心強いし、有馬記念でも上位馬のほとんどが持っていた旬の血統。3コーナー辺りからレースが速くなった時には外から追いかける馬は厳しいので内枠も良い。1ハロンの不安は「地方出身騎手が無理やりもたせる理論」で。
    ○には父マーベラスサンデー(ヘイロー系)×母父トニービン(グレイソヴリン系)のサニーサンデー。サンデーサイレンス系×母父トニービンというのは昨年・一昨年の勝ち馬アドマイヤフジの父アドマイヤベガといっしょですし、このレースの重要血統でもあるノーザンダンサー系(大系統)も父母父と母母父に持っている。
    ▲は父サンデーサイレンス(ヘイロー系)×母父ノーザンダンサー系(大系統)のアクシオン。内で脚をためる競馬が得意。
    △トウショウシロッコはある程度の加速にはついて行けるのですが外を回ることになると厳しいし、ホッコーパドゥシャは血統面からのスピード不足から、トウショウウェイヴは脚質から、それぞれ評価はしながらも勝つまではどうかという評価。


    【予想印】
    ◎ゴールデンダリア
    ○サニーサンデー
    ▲アクシオン
    △トウショウシロッコ・ホッコーパドゥシャ・トウショウウェイヴ

    キルトクールはヒカルカザブエ
    最初のコーナーを回った辺りで内の3・4番手くらいにいそうな気もして怖いのですが、今回はスピードをテーマにしたので人気になるならやっぱり嫌いたいということです。

    にほんブログ村 トラコミュ 第59回 中山金杯(GIII)へ
    第59回 中山金杯(GIII)

    にほんブログ村 トラコミュ 第48回 京都金杯(GIII)へ
    第48回 京都金杯(GIII)


    SO010126kettou



    【血統フェスティバル】データ
    記録用シート(プリントアウトすると便利です。)(PDF 2KB)
    2009年第5回中山開催データ
    2009年第1回京都開催データ