ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!
京王杯SC出馬表左は【京王杯SC】東京芝1400mの出馬表と各馬の血統、過去5年の1〜3着馬の血統です。(クリックすると大きな画像で見ることができます。)【京王杯SC】の予想を書かせていただきます。
☆【京王杯SC】登録馬の血統
☆【京王杯SC】攻略!東京芝1400m!
★moblog ★無料メルマガ ★twitter

トラコミュ
第55回 京王杯スプリングカップ(GII)

  • 【京王杯SC】過去5年の傾向(出馬表から):1着馬はネイティヴダンサー系(大系統)ボールドルーラー系などパワー型血統を持っている。ここ2年はノーザンダンサー系(大系統)率が高くなっている。

  • 東京芝1400mの傾向(表)ロベルト系などのパワー型ターントゥ系(大系統)ターントゥ系(大系統)×パワー型血統が中心。パワー型ミスプロ系(距離ももつタイプ)にも注目。ヴァイスリージェント系ストームバード系などのパワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)も悪くなさそう。


  • ◎は父ダンスインザダーク(ヘイロー系)×母父ミスプロ系のマルカフェニックス。1400mの重賞は先行策が裏目に出てしまった阪神Cを除くと安定。昨年のこのレースは前半スローでしたが、今年も前に行きそうな馬の鞍上にはあまり喧嘩を売りたくない方々がいる感じなのでスロー想定。昨年の結果から短距離でスローになると、脚を溜めてもそんなに斬れ味が増すことはない逃げ・先行馬よりも、脚を溜めつついつもより前の位置取りが出来る差し・追い込み馬の方が良いのかも。マルカフェニックスは前走1200mを使ったこともありますし、意図的に下げなければ先団後ろ辺りにはいることができるのではないかと。
    ○に父ストームバード系のエーシンフォワード。昨年の勝ち馬スズカコーズウェイと同じ系統。前からでも差しにまわっても伸びることがわかったので。
    ▲タケミカヅチ。普通の1400m重賞の流れは合わないと思いますが、スローなら昨年も5着に来ていますし。
    △速い上がりを使えるということでサンカルロ、昨年の勝ち馬スズカコーズウェイ、昨年お兄ちゃんが先行して粘ったのでタマモナイスプレイ。
    だったのですが、タマモナイスプレイが取り消しとのことでアーバニティ。

    【予想印】
    ◎マルカフェニックス
    ○エーシンフォワード
    ▲タケミカヅチ
    △サンカルロ・スズカコーズウェイ・アーバニティ

    キルトクールはオセアニアボス
    ダマスカスのクロス持ってるなんて気持ち悪いですよ(嘘というか言い過ぎましたm(_ _)m)
    1400m重賞で走る血統と脚質の組み合わせからずれている気がするんですよね。母父サンデーという点から先行して押し切るほどのパワータイプでもなさそうですし(ここでダマスカスという手があるのかも)、まだ後ろから行ったほうが突っ込んでくる可能性はありそうですが、今回は最後もそこまで止まらないのではないかと。

    にほんブログ村 トラコミュ 第55回 京王杯スプリングカップ(GII)へ
    第55回 京王杯スプリングカップ(GII)

    にほんブログ村 トラコミュ 第5回 ヴィクトリアマイル(GI)へ
    第5回 ヴィクトリアマイル(GI)

    ZERO-UMA
    万馬券的中の宝庫!!ZERO-UMA