阪急杯出馬表左は【阪急杯】阪神芝1400mの出馬表と各馬の血統、過去5年の1〜3着馬の血統です。(クリックすると大きな画像で見ることができます。)【阪急杯】の予想を書かせていただきます。
☆【阪急杯】登録馬の血統
☆【阪急杯】参考 ☆まとめ
★無料メルマガ:まぐまぐまめ〜る ★moblog ★twitter

トラコミュ
阪急杯 データ分析

【阪急杯】過去5年の傾向(出馬表から):パワー型血統で前目から追ってしっかり伸びる馬。
スタミナ寄りの血統で最後に突っ込んでくるタイプの差し馬。
最後に踏ん張りが要求されることが多いので、パワー型ノーザンダンサー系(大系統)ロベルト系が良い。

阪神芝コースの傾向(表):時計・上がりのかかる馬場だったこともあり、トニービン(グレイソヴリン系)やスタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)を持つ馬が活躍。

人気ブログランキング◎はロベルト系の差し馬から⇒人気ブログランキングへ
同じコースの阪神C9着は前が詰まってのものですし、その後はスタミナを活かした差しが決まりにくい、この馬の持ち味を出せない流れのレースでも頑張っているように、調子も悪くないはずですし、むしろ昨夏からの充実ぶりは続いていると思います。
上がりのかかる馬場でズドンのイメージ。

○にもロベルト系の差し馬サンカルロ。
昨年の勝ち馬ですし、現役屈指の1400m向き差し脚の使い手。

短距離をスタミナで差してくると言えば、忘れてはいけないダンスインザダーク産駒(サンデーサイレンス系)の▲ルナキッズ。
そういう流れになった六甲アイランドSでルナキッズに勝っているスプリングサンダー。

突っ込んでくるタイプからもう1頭トウカイミステリー。

ヴァイスリージェント系の先行馬オーセロワ・エーシンリジル。

【予想印】
人気ブログランキングへ
○サンカルロ
▲ルナキッズ
△スプリングサンダー・トウカイミステリー・オーセロワ・エーシンリジル

にほんブログ村 トラコミュ 第56回 阪急杯(GIII)へ
第56回 阪急杯(GIII)

にほんブログ村 トラコミュ 第86回 中山記念(GII)へ
第86回 中山記念(GII)

「利益になってこその情報、その為に―」

ベストレコード京都記念遂に
『ベストレコード』
が本格始動!

俗に言う関係者情報が結果に繋がるのは当たり前です!
…ですがあまりにも【利益】に繋がる事が現状少ない。
サイトだけではない、TVで馬券を語るプロ達も当てる為に莫大な点数を示し、利率は語らない。
それでは情報の価値は伝わりません。

だからこそ『ベストレコード』は利益を出すという事に理念を置いた上で情報の提供をさせて頂きます。

今週の『阪急杯』の極秘情報はすでに入手済み!

今ならこの情報を無料登録でゲットできます!
無料登録はお早めにどうぞ!