クイーンC出馬表左は【クイーンC】東京芝1600mの出馬表と各馬の血統、過去5年の1〜3着馬の血統です。(クリックすると大きな画像で見ることができます。)【クイーンC】の予想を書かせていただきます。
☆【クイーンC】登録馬の血統
☆【クイーンC】攻略!東京芝1600m!
★無料メルマガ:まぐまぐ ★moblog ★twitter

【クイーンC】過去5年の傾向(出馬表から):☆サンデーサイレンス系率は高い。
☆2010・2011年はトニービン系(グレイソヴリン系)が活躍。
他にもブラッシンググルーム系など、スタミナ型ナスルーラ系(大系統)を持つ馬の活躍が目立つので、この系統には注目したい。

東京芝1600mの傾向(表):☆先週はリファール系が活躍。
☆1着馬はすべて父サンデーサイレンス系
スタミナ型もスピード型もどちらも走っている。
ダイワメジャーデュランダルフジキセキといったスピード型の方が人気薄での好走が目立っているので、妙味を考えるとこちらの方により注目した方が良いかも。

人気ブログランキング◎はダイワメジャー産駒(サンデーサイレンス系)の⇒人気ブログランキングへ
父は今のこのコースで妙味のあるスピードタイプのサンデーサイレンス系、母父は先週大活躍のリファール系
先週同じコースで行われた東京新聞杯でも同産駒のダイワマッジョーレが2着に好走。

○は母父トニービン(グレイソヴリン系)のイリュミナンス。
前目からそれなりに速い脚を使ってそれを持続できるタイプで、このレース向きのイメージ。

▲スイートサルサ。
父はデュランダル(サンデーサイレンス系)でスピードタイプのサンデーサイレンス系
重賞でも通用する能力を前走で示していますし、内を割って来た経験もあることから、この枠も良さそう。

コレクターアイテムは特に問題はないと思いますが、単純に買いたい順番が4番目というだけで^^;
オーキッドレイ・ウキヨノカゼはディープインパクト(オンファイア)にパワー型血統。
タプロームはちょっとパワー寄りの血統で、前走重賞でそれなりにやれているという、このレースの穴馬パターンに当てはまる感じ。

【予想印】
人気ブログランキングへ
○イリュミナンス
▲スイートサルサ
△コレクターアイテム・オーキッドレイ・ウキヨノカゼ・タプローム

にほんブログ村 トラコミュ クイーンC(2013)へ
クイーンC(2013)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

     過去の勝ち馬には、オールドファンには懐かしい

      タケシバオー、カブラヤオー、テンポイント

    ミスターシービー、ダイナガリバー、アイネスフウジン

   ナリタブライアン、エルコンドルパサー、ジャングルポケット

   そして昨年は皐月賞、菊花賞、有馬記念を制したゴールドシップ

      キラ星の名馬を多数輩出している【共同通信杯

       この名前を見ると「なんだ堅いレースか」と

   思われるだろうが、ここ数年は、意外な人気薄も馬券に絡んで

      3連単導入後の平均配当は10万4102円!

  クラシック戦線を占うと同時に、穴党も必見のレースと化している。

      今年もメンバーを見渡すと穴のニオイがプンプン

        人気の一角を担うアノ馬に至っては

    「パンとしていれば、自信を持って勝てると言えるけど、

    正直、まだ八分程度。今回はキツイかも」と泣きの声が…
 
    さらに現場の声を総合すると、残ってきたのはたった3頭!

         そう、今年の【共同通信杯】は、

      たった3頭で穴馬券を仕留めることができるのです!

        今回、その衝撃の結末を先着30名様に限り

         2月10日午後2時に特別無料メール配信

         長い長い府中の直線で飛び出してくるのを
 
             楽しみにお待ち下さい!

    → 先着30名様限定・無料プレミア穴勝負はコチラ! ←

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

   万馬券ならオマカセ!今年わずか5週間でもう万馬券42本!

   『情報力』が違う!『執念』が違う!『視点』が違いすぎる!

      競馬ファン最後の駆け込み寺 ⇒ 暴露王

  33万0520円! 12万0600円! 10万1870円! 

     7万8990円! 6万9800円! 6万3760円!


     夢のような配当を自分のものにできる穴サイトです。

        今週は何と3頭で万馬券!しかも無料!!

          迷っている時間はありません!

→ 先着30名様限定・無料プレミア穴勝負はコチラ ←

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

共同通信杯:暴露王