左:阪急杯出馬表   右:阪急杯過去5年
阪急杯携帯用出馬表  阪急杯携帯用過去5年


【阪急杯】の傾向
ノーザンダンサー系(大系統)の先行馬や、パワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)を持つ先行馬がよく勝つ。

ロベルト系などスタミナのある血統の差し追い込み馬。

【阪神芝コース】の傾向
2月23日阪神芝

☆馬券圏内の12頭中11頭は父か母父がサンデーサイレンス系となっていた。

トニービン(グレイソヴリン系)の血を持つ馬が活躍。

【阪急杯の予想印】
人気ブログランキング人気ブログランキングへ
○ミトラ
▲ロードカナロア
△マジンプロスパー・サンカルロ・オセアニアボス・フラガラッハ

にほんブログ村 トラコミュ 第57回 阪急杯(GIII)へ
第57回 阪急杯(GIII)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
前回【京都記念】3130円&【共同通信杯】1140円W的中!
緊急スクープ!今年の中山記念は“アノ2頭”の一騎撃ち
想定回収率1000%以上!◎−○1点勝負【無料配信】
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

一昨年にヴィクトワールピサがココを足掛かりに世界最高峰のレースの1つであるドバイWCを制した事でトレセン内でも出世レースとして注目を集めている同レース。今年はトーセンレーヴ、ダイワファルコン、目下4連勝中のアンコイルドらが注目を集めそうだが、昨年同様に傑出馬不在で出走馬陣営が色気を覗かせているのは言わずもがな。

そんな中で今年当社が注目しているのは、『こんなに相手関係に恵まれるとは正直思っていなかった。オーナーサイドからも何が何でも賞金加算をしろと言われているから負けるわけにいかない』と1週前の段階から目イチ仕上げを公言している某陣営。そして『今回のメンバー相手に勝ち負けできないようじゃお話にならない』とテキがいつになく強気の陣営の存在も入手済み。その一方で上位人気になる事はまず間違いないアノ陣営だが、『当初は別のレースに出走する予定だったけど、調整過程に狂いが生じて中山記念に使う事になった』と仕上がり途上である事を強調しておりいつになく弱気。

よって今年の中山記念は当社が注目している2頭の一騎撃ちが濃厚なのだ。

尚、最終ジャッジはより万全を期すべく、天候、馬場状態を考慮してレース当時14時にメールにて配信。栗東トレセンの目と鼻の先に本拠地を構える当社だからこそ入手できた本物の関西馬情報は見逃し厳禁です!

→→想定回収率1000%以上!◎−○1点勝負馬券を無料で入手する←←

チェックメイト:中山記念