中日新聞杯出馬表左は【中日新聞杯】中京芝2000mの出馬表と各馬の血統、昨年の1〜3着馬の血統です。(クリックすると大きな画像で見ることができます。)【中日新聞杯】の予想を書かせていただきます。
☆【中日新聞杯】登録馬の血統
☆【中日新聞杯】攻略!中京芝2000m!
★無料メルマガ:まぐまぐ ★moblog ★twitter

【中日新聞杯】昨年の結果(出馬表から):☆新しいコースで行われた昨年はサンデーサイレンスとパワー型血統をあわせ持つ馬が1〜3着を占めた。

中京芝2000mの傾向(表):☆寒い時期には、自身の母父がトニービン(グレイソヴリン系)となっているハーツクライ(サンデーサイレンス系)なども含めて、グレイソヴリン系には注目したい。

人気ブログランキング◎はパワー型サンデーサイレンス系の⇒人気ブログランキングへ
グレイソヴリン系は持っていませんが、しぶとい脚を使う馬で、そういう血統を持つ馬と似たようなところがあると思います。

○はハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)のジャスタウェイ。
父の母父がトニービン(グレイソヴリン系)

▲サトノアポロ。
中山でしぶとい末脚を使えているので、中京も合いそうな気がします。

中山・福島の重賞で安定していることを評価してアドマイヤタイシ。
父の母父がグレイソヴリン系のセイクリッドバレー。
牝馬ながらしぶとい脚を使えて、中京の重賞実績もあるショウリュウムーン。
パッションダンスも特に悪い点はなさそう。

【予想印】
人気ブログランキングへ
○ジャスタウェイ
▲サトノアポロ
△アドマイヤタイシ・セイクリッドバレー・ショウリュウムーン・パッションダンス

にほんブログ村 トラコミュ 第49回 中日新聞杯(GIII)へ
第49回 中日新聞杯(GIII)

【先々週】アーリントンC⇒コパノリチャードから馬連1点でズバリ!
【先々週】阪急杯⇒馬連590円&3連単2万0500円ダブル的中!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
今年の桜花賞トライアル・フィリーズレビューは
前哨戦のココが目イチ&優先出走権が欲しい“2頭”の一騎打ち!
想定回収率1000%以上!馬連◎−○1点勝負【無料配信】
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

チューリップ賞やフラワーCと並び桜花賞を占う意味でも重要な位置付けとなる同レース。ただ近年のフィリーズレビューは、05年にラインクラフトが勝った時でさえ、相手は7番人気デアリングハート。近5年に目を向けると三連単66万馬券、46万馬券が飛び出ているように、穴党様ご用達のレースと言っても過言ではないのだ。

1週前のチューリップ賞に阪神JF勝ち馬のローブディサージュ、同2着クロフネサプライズこれまで手綱を取ってきたデムーロ、ルメールが素質を高く評価しているレッドオーヴァル、ブエナビスタ、マルセリーナを筆頭に牝馬クラシック戦線で結果を出している松田博厩舎が期待を寄せているヴィルジニアがチューリップ賞に回った事で傑出馬不在。1週前の段階だが出走予定のメンバーを見渡した某陣営のテキは、「コレはダダ貰いも当然だね。桜花賞本番は厳しいだろうけど、ココは絶対に落とせない」とキッパリ。

そして、今年の馬券の肝になりそうなのが、「オーナーサイドから何が何でも優先出走権を取れと言われている。レース当日には競馬場に来場するとも聞いている」といつになく気合が入っている某陣営の存在もスクープ!

尚、栗東トレセンの目と鼻の先に本拠地を構えている当社だからこそ入手できた最終ジャッジ【◎−○1点勝負】は天候、馬場状態を全て加味した上でレース当日14時にメールにて無料配信するのでお楽しみに!

→→【フィリーズR】想定回収率1000%以上!馬連◎−○1点勝負←←

チェックメイトフィリーズR