ニュージーランドT出馬表左は【ニュージーランドT】中山芝・外1600mの出馬表と各馬の血統、過去5年の1〜3着馬の血統です。(クリックすると大きな画像で見ることができます。)【ニュージーランドT】の予想を書かせていただきます。
☆【ニュージーランドT】登録馬の血統
☆【ニュージーランドT】攻略!中山芝1600m!
★無料メルマガ:まぐまぐ ★moblog ★twitter

【ニュージーランドT】過去5年の傾向(出馬表から):☆パワー型ターントゥ系(大系統)が4連勝中。
サンデーサイレンス系の重要度は低めだが、サンデーサイレンス系×パワー型血統の持続力タイプは良い。
☆スピードの持続力が要求されやすいからか、近年はミスプロ系がよく走っている。

中山芝1600mの傾向(表):☆3回開催に入ってからは3レース続けて父グレイソヴリン系が3着以内に来ている。
サンデーサイレンス系率は結構高め。
その中でもやはりパワー型の方が優勢。
☆全体的にもパワー型血統が中心だが、3回開催に入ってしぶとさというか、スタミナ的なものが要求されてきている感じ。

人気ブログランキング◎は⇒人気ブログランキングへ
父がパワーとスピードのあるサンデーサイレンス系で、スピードの持続力が要求されやすいこのレースに向いているはず。
母父がミルジョージ(ネヴァーベンド系)というのは先週同じコースで行われたダービー卿CTを勝ったトウケイヘイローといっしょ。しかもダービー卿CTではノーザンテーストの血を持つ馬が1〜3着を占めたのですが、今回の本命馬もしっかり持っています^^

○はダイワメジャー産駒(サンデーサイレンス系)のサクラディソール。
ダイワメジャー産駒は昨年カレンブラックヒルが勝利。
ダイワメジャーの母父はノーザンテースト

▲ゴットフリート。
父がローエングリン(サドラーズウェルズ系)ですから、瞬発力レースよりも持続力レースの方が向いているはずで、東京から中山へ替わるだけでもプラスだと思います。

このコース2戦2勝のマイネルホウオウ。
持続力・能力とも上位のレッドアリオン。
フレンチデピュティ産駒(ヴァイスリージェント系)×外国人騎手のプリムラブルガリス。
中山では崩れないマンボネフュー。

【予想印】
人気ブログランキングへ
○サクラディソール
▲ゴットフリート
△マイネルホウオウ・レッドアリオン・プリムラブルガリス・マンボネフュー

にほんブログ村 トラコミュ 第31回 ニュージーランドトロフィー(GII)へ
第31回 ニュージーランドトロフィー(GII)

驚きました・・

何と先日の高松宮記念と日経賞を

両レースをバッチリ的中させたサイトを発見していまいました。。

そのサイトがコチラ
http://www.runking.jp/?AD_CODE=ssgr03_003

どちらも人気薄の馬が絡んだレース。
※日経賞は9番人気のカポーティスターが2着に、
高松宮記念は10番人気のハクサンムーンが3着に入りました。


なかなか的中は難しかったですよね。

その2レースを仕留めるとは、
驚きました・・


これだけ当ててくるサイトでしたら、一度何も考えずに
サイトの買い目を参考にしてみても良いかもしれないですね。


▼▼▼無料登録はこちらをクリック!▼▼▼
http://www.runking.jp/?AD_CODE=ssgr03_003