阪神大賞典2014予想阪神大賞典2014阪神芝3000mの出走馬と過去5年の1〜3着馬の血統データを、予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめました。
阪神大賞典2014の予想を書かせていただきます。
【にほんブログ村トラコミュ】
阪神大賞典(2014)
スプリングS(2014)

【阪神大賞典】過去5年の傾向(出馬表から):☆スタミナ型ターントゥ系(大系統)、スタミナ型血統×ターントゥ系(大系統)が中心。
サドラーズウェルズ系のようなスタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)や、グレイソヴリン系などのスタミナ型ナスルーラ系(大系統)がポイント。
☆2500m以上の長距離実績はある方が安心。

人気ブログランキング◎はハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)の⇒人気ブログランキングへ
父の母父がトニービン(グレイソヴリン系)で、スタミナ的な持続力は抜群の血統。
この血統は阪神大賞典の好走血統ですし、一昨年断然人気だったステイゴールド産駒のオルフェーヴルを破ったのはハーツクライ産駒だったということにもあやかりました。

○ゴールドシップ。
ステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)で昨年の勝ち馬。

ここからが難しくて、母父トニービンのサトノノブレス・エーシンミラージュ、母父グレイソヴリン系のヒットザターゲット、父サドラーズウェルズ系のバンデ、この中から何頭選ぶべきか悩みました。
この頭数ですからあまり手を広げることはできませんし、でも印3頭だけだとさすがにやりすぎかなと。
そういえば2005年の阪神大賞典は印3頭、確かグレイソヴリン系固めで1点的中しているのですが、か弱い大人になっちゃいました^^;
話を戻して、まずエーシンミラージュは前走1600mで能力もちょっと足りないかも、ヒットザターゲットは阪神が良いというイメージがない。
この2頭を消して、やっぱりサトノノブレスとバンデが残りました。
サトノノブレスは前走がほぼベスト条件だと考えて本命を打ち、それに応えてくれたのですが、ということは今回は前回ほどには好条件でもないのかなとも考えられるので(個人的な見解として)ちょっと評価を下げて、脚質的に一発の期待も持てるバンデの方を上位評価としました。

【予想印】
人気ブログランキングへ
○ゴールドシップ
▲バンデ
△サトノノブレス

にほんブログ村 トラコミュ 阪神大賞典2014へ
阪神大賞典2014

━━━━━━━━━━━━━━━━━
    第62回阪神大賞典(G2)

  ゴールドシップで大丈夫!?
  「今回もボロ儲けができるで」と
  豪語する1点勝負を無料配信!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨秋は最強馬として王道を進むも全くの不完全燃焼に終わってしまったゴールドシップ。この馬が鞍上に初騎乗となる岩田騎手を迎え、ここから始動する。

恐らくメンバー的に断然人気が予想されるゴールドシップだが、この乗り替わりの陣営の真意と本来のデキを取り戻しているのかがこのレースの最大のポイント。

岩田は本番・天皇賞(春)では他に騎乗予定馬がいるため、今のところこのレースのみの代打となっているが、このパターンで大コケしたのが記憶に新しい京都記念のジェンティルドンナ(福永が代打で6着)だ。


『実績が他とは違うから…』

という思考停止状態になる前に!

是非、最強の関西馬専門情報をご利用頂ければと思います。


最強の関西馬専門情報では、誰もが波乱を予想だにしなかった京都記念で、馬連4270円、3連複7420円を本線的中。これも事前に『ジェンティルドンナ危うし』の裏情報、そして6番人気デスペラードの大ヤリ情報を独占入手していたからこそ。


『あの時(京都記念)と同じで、今回もボロ儲けができるで』


こう話すのは最強の関西馬専門情報が誇る情報網。

さらに

『某大物関係者も(阪神大賞典で)かなりの額を突っ込むらしい。馬券は1点。まさに大張りや!』

  ↓↓↓↓↓
  ↓↓↓↓↓

第62回阪神大賞典(G2)

ゴールドシップで大丈夫!?
「今回もボロ儲けができるで」と
豪語する1点勝負を無料配信!

チェックメイト:阪神大賞典300X250