スプリングステークス2015予想3月22日(日)に行われるスプリングステークス2015の予想です。
スプリングステークスの出走馬と過去5年の1〜3着馬の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。
【スプリングS】過去5年の傾向(出馬表から):☆スピードタイプが優勢か。
ボールドルーラーの血を持つ馬が連勝中。
☆近年はスピードのあるノーザンダンサー系(大系統)の血を持つ馬の活躍も目立つ。
サンデーサイレンス系ではフジキセキ産駒(サンデーサイレンス系)が2年連続で好走している。

中山芝1800mの傾向(表):☆ノーザンダンサー系(大系統)率が高い。土曜日に同じコースで行われたフラワーCではパワーとスピードのあるストームバード系が勝利。
☆土曜日はハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)が1勝3着1回。
グレイソヴリン系が好調。母母父、父の母父あたりまで注意したい。


新ブログ『競馬予想データフェスティバル』始めました。
過去データ・種牡馬データ・追い切りデータ・騎手データと
各データを扱っていますので、ぜひご覧くださいm(_ _)m


◎はミスプロ系×ボールドルーラー系という母の血統を評価して、この馬。
人気ブログランキングへ

父の産駒のコース成績はそれほど良くはないのですが、能力はここでは上位だと思いますし、母がミスプロ系×ボールドルーラー系というスピードの持続力に優れた血統なので、レース適性もあるのではないかと思います。

○リアルスティール。
母の血統がStorm Cat(ストームバード系)×Mr.Prospectorというスピードに優れた血統ですし、全兄ラングレーがこのコースで鮮やかな勝ち方をしていることからも、意外に?適性はあるのかもしれません。

▲ベルーフ。
サンプルは少ないですが、ハービンジャー産駒(ダンチヒ系)のコース成績は優秀。
とは言え、スピードが要求されるレースになった時に前走以上の走りができるかは疑問。
それでも、母が中山適性の高いステイゴールド(サンデーサイレンス系)の全妹ということもあり、ある程度対応はできるはず。

△ブラックバゴ。
こちらも2000m→1800mで前走や前々走より適性は下がるか。
ただ、この馬も母父がステイゴールドですし、中山自体は合っていますから、展開次第で。

△ミュゼスルタン。
母父がフレンチデピュティ(ヴァイスリージェント系)ですし、スピードの持続力レースは合っているかもしれません。
あとは久々でどれだけ動けるか。


【予想印】
人気ブログランキング
○リアルスティール
▲ベルーフ
△ブラックバゴ・ミュゼスルタン

にほんブログ村 トラコミュ スプリングステークス2015へ
スプリングステークス2015

━━━━━━━━━━━━━━━━━

   第64回 スプリングS(G2)

ダノンプラチナ?リアルスティール?
いや、本番度外視のアノ馬が波乱を起
こす!?
  →馬連3点勝負はコチラ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

皐月賞の主要ステップとなるこのレース。本番と同じ舞台で行われた弥生賞も良いメンツだったが、距離が1ハロン短くなるココも2歳王者ダノンプラチナ、西の横綱との呼び声高いリアルスティール、新潟2歳S勝ち馬ミュゼスルタンを筆頭に各厩舎の将来のエース級が一同に集結。

巷の注目はココが始動戦となるダノンプラチナ、骨折明けのミュゼスルタンはどれぐらいのデキにあるのか福永とのコンビで皐月賞→ダービーに参戦する事が正式に決定したリアルスティールが小回りの中山にどのように対応するのかの3点。

しかし、当社の元には、本番度外視で120%の仕上げを施している馬、オーナーサイドから皐月賞の優先出走権獲得を厳命されている陣営談などが続々と入ってきている。中には『弥生賞で既に賞金を持っているサトノクラウン、ブライトエンブレムが走ってくれたおかげで皐月賞に出走できる可能性がでてきた。ココだけの話、ウチは3着狙い』と情報網に耳打ちしてくる陣営も・・・。

今回、無料登録された会員様にはレース当日14時にメールにて馬連3点馬券を無料配信するのでくれぐれも見逃さないようにしていただきたい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

   第64回 スプリングS(G2)

ダノンプラチナ?リアルスティール?
いや、本番度外視のアノ馬が波乱を起
こす!?
  →馬連3点勝負はコチラ

七騎の会スプリングS