毎日王冠2015出走予定馬10月11日(日)に行われる毎日王冠2015のプレ予想です。
※土曜日の本予想では違う結論になる可能性もありますm(_ _)m

ノーザンテーストダンチヒなどパワーとスピードのあるノーザンダンサー系(大系統)に注目したい。
リファールの血を持つ馬の好走も目立つ。

ボールドルーラー系Cozzene(グレイソヴリン系)などスピードの持続力に優れたナスルーラ系(大系統)も良さそう。

ダンスインザダーク産駒(サンデーサイレンス系)がよく走っている。

☆内枠の差し馬。


アンビシャス:レースが動いたところでもスッと上がって行けるスピードがある。
そのスピードを持続させるのが良いタイプで、逆に溜めに溜めての瞬発力となるとそれほどでもなく、今回エイシンヒカリがいることはプラスになるはず。

イスラボニータ:道中のスピード、直線序盤でのペースアップにも楽に対応できるスピードどちらもある。
中山→東京替わりもプラスか。
久々でエイシンヒカリペースがどうか。
かからずプラスになる可能性もあるし、いきなりだと厳しい可能性もある。

エイシンヒカリ:エプソムSを勝っている舞台。
超豪華メンバーだが、あくまでも前哨戦ということを考えると、マークはそれほど厳しくならないかも。

クラレント:スピードのあるスタミナ型血統の馬ということで、レースには合う。
直線でどの程度の加速が要求されるか。
東京で1800mということから、できれば急加速を求められない方が良いと思う。

グランデッツァ:スピードの持続力があるタイプで、エイシンヒカリがいるのは良さそうだが、東京なのでどうしてもある程度の瞬発力は求められる。
その点がちょっと。

ステファノス:微妙な立場だが、実力馬。

スピルバーグ:得意の東京は昨秋以来。
ただ、久々だし、エイシンのペースだと脚を削がれる可能性も。

ダノンシャーク:近走は差す競馬。
1800mでこのメンバーで同じような競馬だと厳しいか。

ディサイファ:充実期。
スピードもある。

トーセンスターダム:阪神2200m→東京1800mは良い。

マーティンボロ:久々だし、エイシンのペースが合うタイプかは?

リアルインパクト:東京で加速が求められるのは、最近のスタイルからはどうか。
ルメールは不気味。

ヴァンセンヌ:血統的に、1600mでしっかり使ってしまった後に1800mで上げてくることはないかも。




◎アンビシャス
○イスラボニータ
▲エイシンヒカリ
△クラレント・スピルバーグ・ディサイファ・ヴァンセンヌ