アルゼンチン共和国杯2016の1〜5着馬の血統はこちらの表のようになっております。
アルゼンチン共和国杯2016結果
アルゼンチン共和国杯の予想はこちらでした。
(馬連的中)

1・2着はトニービン(グレイソヴリン系)の血統を持っている馬。
レースはずっとスローで、ラスト3ハロンから一気に加速。
ラスト2ハロン目では11.1とかなり速くなり、最後も11.4
勝ったシュヴァルグランは不利なくロスも最小限で、上手に1週してきた感じ。
一瞬の脚でヴォルシェーブに並びかけられましたが、シュヴァルグランはそこからの持続力がありますし、あちらは最後のひと踏ん張りが利かない条件なので、そこから突き放す。

2着のアルバートも瞬間的な速さでは遅れましたが、最後は持続力で2着まで押し上げる。

ヴォルシェーブは母父のスタミナに不安があったので消してしまったのですが、よく3着までもってきたなと脱帽。
スローな流れも向いたかもしれませんが、鞍上によってはこれからも要注意。

◎レコンダイトは健闘しましたが、6着まで。
最初のコーナーまでの位置取りで厳しくなりましたね。
もう1列前だったらもう少し良い着順だったと思いますが・・・m(_ _)m

◎シュヴァルグランだったブログ(トラバをいただいたブログから。)
◆敗因分析のバイブル〜競馬をやって何が悪い。


僕も尊敬する、21世紀を代表する血統評論家「栗山求氏」が
エリザベス女王杯の予想を無料公開!!

  ↓  ↓  ↓
kuriyamaten
天皇賞は◎モーリスから馬単・3連単を完全的中!


みやこステークス2016の1〜5着馬の血統はこちらの表のようになっております。
みやこステークス2016結果

みやこSの予想はこちらでした。

2000m以上の距離で活躍しているアポロケンタッキーが勝ち、グレンツェントも突っ込んできたことから、例年の傾向とは違ってスタミナ寄りのレースになったのかもしれません。

◎アスカノロマンがこの短期間で+10kgで出てきたのは大誤算。
スタートからあまり行きっぷりも良くなかったですし、スピードで後続のスタミナを削る立場の馬が、追走にいっぱいでは。

◎アポロケンタッキーだったブログ(トラバをいただいたブログから。)
◆まおみのコース適性ワンダーランド


競馬スピリッツ紹介


ファンタジーステークス2016の1〜5着馬の血統はこちらの表のようになっております。
ファンタジーステークス2016結果

ファンタジーSの予想はこちらでした。
(単勝的中)
いつも応援ありがとうございます。
人気ブログランキング

レースはスロー。
ただ、東京の京王杯2歳Sとは違って、こちらは直線手前でペースが緩んだので、外から加速してきた差し追い込み馬も力を出せる流れ。

勝ったのは◎ミスエルテ。
出遅れて、外を回して、少し反応の悪さも見せながらスピードになると楽に突き抜ける。
前の馬が速い脚を使っているところで、もっと速い脚を楽に使えるというのが、今のところのこの馬の良いところ。
ちょっと大味な競馬をしてしまったので本番では不安もなくもないですが、能力の高さはやはり間違いないですね。
Frankel産駒(サドラーズウェルズ系)恐るべし。

2着に人気薄のショーウェイが逃げ粘り。
この馬については血統フェスティバルメルマガGOLDplusで以下のように書いていました。
ショーウェイ
能力:C
適性:B
適性前走比:↑
デビュー戦は内で位置を下げる、3戦目の前走もスタートは良かったが何度か位置を下げて最後方くらいからの競馬に。
スムーズな競馬が出来たのは逃げた2戦目だけだったので、能力は判断しにくくC評価としたが、Bでも良かったかもしれない。
控えて良さが出る血統ではないし、スタートもちゃんと出る馬。
坂のある阪神よりも、惰性で走れる京都の方が良いし、先行できれば面白いかもしれない。

今回はしっかり前に行きましたし、ペースを緩めたところで直後にいたのが手応えの良くないモンローだったことも良かったと思います。
それにしても最低人気とは・・・印を回せず悔しいです。

◎ミスエルテだったブログ(トラバをいただいたブログから。)
◆激走!データ競馬ブログ
◆浪花のクマさん 穴馬券
◆利き酒師の今日もとことん競馬日和
◆やはり勝負は3連単!〜競馬予想〜
◆高確!データ競馬



京王杯2歳ステークス2016の1〜5着馬の血統はこちらの表のようになっております。
京王杯2歳ステークス2016結果

京王杯2歳Sの予想はこちらでした。
(3連複的中)
いつも応援ありがとうございます。
人気ブログランキング

レースは前半4ハロンが47.7という超スロー。
そこからラスト3ハロンは11.3-11.2-11.7
4コーナー〜直線入り口のラスト3ハロン目で11.3と急加速したので、外を回った馬は不利なのですが、モンドキャンノはしっかり対応してきましたね。
この馬はあまり溜めが利かず、追ってからそこまで良い脚は使えないと思っていたので、直線での走りには少し驚きました。
ただ、同じような脚が1600mでも使えるかとなると微妙でしょうか。





◎モンドキャンノだったブログ(トラバをいただいたブログから。)
◆208209POG&重賞レース研究所


◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇
第41回 エリザベス女王杯(G1)
◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇


例年、割と固めな決着が多いこのレース。

がっ!今年は実力拮抗で波乱傾向!

  このメンバーなら・・・
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
凡走続きだが、
長い脚を使える“アノ馬”の好走が濃厚!

今年のエリザベス女王杯で絶対に抑えるべき
「あの穴馬」とは一体!?

   ↓   ↓   ↓

予想はこちらから『無料』でご覧になれます。
⇒http://www.hicchu.net/


《 現在222週 連続的中! 》


私たちは、

「永久に毎週の的中を約束します」


なぜ?そんな大胆な約束ができるのか?


その理由は1つ。


競馬だけで稼いでいるプロが、
当たる根拠のある情報を提供しているからです。


本気度、信頼度、実績は
他のサイトと比較しても群を抜いています。


その証拠に・・・
またまた記録更新の現在、222週連続的中継続中!


過去の提供内容は全てサイト内で公開しているので、
これがウソではない事は100%証明出来ます。


・競馬情報は当たらない、
・競馬情報は儲からない

この当たり前になっている常識を根底から覆します!


当たらない情報が当たり前ではありません。
当たる情報が当たり前です。


だからこそ、毎週の的中を約束します。
↓↓↓
⇒http://www.hicchu.net/


競馬スピリッツ紹介