函館記念2017の1〜5着馬の血統はこちらの表のようになっております。
函館記念2017結果
函館記念の予想はこちらでした。


勝ったのはメイショウサムソン産駒(サドラーズウェルズ系)のルミナスウォリアー。
道悪でサドラーズウェルズ系の血が騒いだかというくらい、他の馬たちとは脚色が違いましたね。

2・3着には内を先行していたタマモベストプレイ、逃げたヤマカツライデン。
どちらも前走で春の天皇賞を走っていた、長距離路線の馬。
この馬場は予想はもちろんですが、たぶん騎手も難しかったと思うんですよね。
スタミナが要求されたことは間違いないのですが、最後はそこまでラップが落ちず、全馬が脚を出し切ったとも言いにくい結果。
そういう微妙なことがこういう結果につながったのかもしれませんが、今年の函館記念は本当に難しかったです。


逆に最終レースはちょっと良かったですね。

函館最終レースは◎クラシックエース1着
単勝16.3倍的中

中京最終◎リッパーザウィン1着
単勝16.9倍的中

福島最終○ハヤブサプリプリ1着
単勝17.7倍的中

すべて血統フェスティバルメルマガ・完全版で配信しているのですが、
最終3連発は良かったですね。

ただ、函館記念のような配当のレースと比べると地味ですし、函館記念のような配当のレースを的中すればみんなが喜んでくれますから、もっともっと頑張らないといけませんね。