【マイルグランプリ2017】大井D1600mの予想です。
【マイルグランプリ2017】出走表はこちらです。


◎はカネヒキリ産駒(サンデーサイレンス系)の、この馬⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。
カネヒキリ産駒の大井D1600m成績は下の表の通り。
回収率は並ですが、成績は優秀。
前走でも勝っているように、やはり適性は高いと思います。
11月15日大井
※こちらのデータは競馬最強の法則WEB様が提供している、地方競馬対応のデータベースソフト「KEIBA DATA SCOPE」を使用しています。


○トーセンハルカゼ。
キングカメハメハ産駒(ミスプロ系)
上の表にも載っていますが、キングカメハメハ産駒も好成績。
スピード負けはしない血統ですから、1600mでは買いやすいですね。


▲ケイアイレオーネ。
ヘニーヒューズ産駒(ストームバード系)
この馬もスピード、能力ともに上位。


【予想印】
最強競馬ブログランキングで公開中です。
○トーセンハルカゼ
▲ケイアイレオーネ
△セイスコーピオン・コンドルダンス・ドレッドノート


地方競馬の予想を毎日してる「ウィナーズサークル」だから実力が違う

ウィナーズサークルが予想の前に
大井競馬の攻略ポイントを特別に公開


◇大井競馬 コース概要◇

平坦な右回りの砂(ダート)コース。第3コーナーから第4コーナーにかけて内回りと外回りの2コースが存在し、現在は1500m・1600mのみ内回りを使用する。
本馬場内側には、調教用の練習馬場(1周1500m、幅員15m)も設けられている。

・1周距離:外回り1600m、内回り1400m
・直線:外回り386m、内回り286m
・幅員:25m
・出走可能頭数:16頭(特選・選抜・普通競走は14頭)
設定距離
・外回り:1000m、1200m、1400m、1700m、1800m、2000m、2400m、2600m
・内回り:1500m、1600m

☆攻略POINT☆

天候によって馬場の状態が少しずつ変化する場合があり、クッション砂の下の路盤はコース外側から内側に無かって傾斜しているため、雨風による砂の流動や、馬場の乾き具合が内外によって違う場合がある。

当然砂のダートコースは乾いている方が時計が遅くなり、かつパワーを要求されて、湿っていれば時計は早く力もそれほどいらない。
その為、もっとも良い枠からスタートして、もっとも良い「ゴールデンレーン」とも呼べる場所を通った馬がよく馬券に絡む。

外差しばかりで決まったり、内枠しか来なかったり、前半は内枠が良かったが後半は内外フラットになった等の変化に敏感に対処出来るかが鍵となる。


注目の予想はこちらから(登録無料です!)
 ↓ ↓ ↓ ↓
ウィナーズサークル地方競馬