2002年の秋と記憶していますが、「競馬最強の法則」誌上で
血統評論家の水上学氏が発表された「現在好走している血統を買う」
という内容の理論【シュボババ】に感銘を受け、
(そのときに「ブラッドバイアス」という言葉をはじめて知ったかもしれません)
自分もぜひ活用したいと考えました。
しかし当時は好走馬のデータをまとめたサイトやソフト等がなかったため、
2002年12月の中山開催から自分で作成したというわけです。
2003年金杯でいきなり高配当を的中するなどその威力を実感したのですが
元来馬券のセンスが無いため、徐々にデータの有効活用ができなくなり、
そのまま馬券からも離れてしまったのです。
しかし2004年秋、競馬熱が再燃した私が戻ってきたのは
やはり【血統フェスティバル】でした。
今回こそは細々とでもいいのでぜひこのデータを使い続け、
有効な活用方法を確立できればと思っております。

【血統フェスティバル】はこちらから無料で利用できます