2004jcd 今年のジャパンカップダート(JCD)の主な出走予定馬の
血統はこうなっております。
(クリックすると大きな画像で見ることができます。
トーニービンになっている箇所がありますね・・・)
昨年の1〜3着馬の血統も載せておきました。
昨年はミスプロ系と
ノーザンダンサー系、なかでもニジンスキー系が
結果を残したわけですね。

今年の出走予定馬の中で父又は母父に
直接ニジンスキー系を持っている馬はいませんが、
ミスプロ系×ノーザンダンサー系ということで探すと
イーグルカフェ、トップオブワールド、ユートピア、オミクロンが挙げられます。
ユートピアは昨年血統的に恵まれていたにもかかわらず凡走。
イーグルカフェは近走を見る限り過度の期待はかけられませんが
トップオブワールドなんかは面白そうですね。

ちなみに今年の今の東京開催ダート2100mはまだ2レースしか行われていないのですが
こういう感じになっております。2004.5tokyo.d2100
(クリックすると大きな画像で見ることができます)

現在の傾向で昨年のJCDと異なっている点は
ターントゥ系の活躍が目立っているところです。ミスプロ系は母父に入って強いようですね。
今年の出走予定馬でターントゥ系×ミスプロ系というと
父と母父が逆になりますがトータルインパクトが挙げられます。
また、今年はブラッシンググルームやプリンスリーギフトといった
ナスルーラの系統が来ていることから、
同じくナスルーラ系のトニービンを母父に持ったアドマイヤドン
こちらもナスルーラ系のGarde Royaleを母父に持ったローエングリンも良さそうです。


土曜日のダートの状態も見た上で
私の予想は(当たらないでしょうが・・・)土曜日の夜公開いたします。

【血統フェスティバル】はこちらから無料で利用できます