2004jc 今年のジャパンカップ(JC)の主な出走予定馬の血統は
こうなっております。
←(クリックすると大きな画像で見ることができます。)

昨年はタップダンスシチーが勝ったのですが
2・3着にターントゥ系が来ている以外はすべてバラバラの系統。
傾向はちょっとつかみづらいですね。

それでも昨年の1〜3着馬と同じ系統の組合せの馬を
今年の出走予定馬から探し出すと
大系統で考えた場合、シンボリクリスエスと同じターントゥ系×ナスルーラ系ではハーツクライ
ザッツザプレンティと小系統まで同じなのはゼンノロブロイとなっています。
ハーツクライの場合は色分け、つまり大系統は確かにクリスエスと同じ組合せなのですが
小系統()内の系統はどちらも異なっています。その辺りがどうでしょう。

今開催では芝2400mは1レースのみ行われたのですが
このようになっています。
2004.5tokyo2400(クリックすると大きな画像で見ることができます)
これまた1レースのみではなんとも言いようがないですが、
ナスルーラ系は良さそうだと考えられますよね。
ちょっと前の記事で「先週はこっそりリファール祭りだった」と書いたのですが、
他の距離ではあるのですが芝のレースではリファールが何気にがんばっていたんです。
その傾向が今週も続くのであれば
リファール系×ナスルーラ系(グレイソヴリン系)というトーセンダンディは面白そうですね。
ナリタセンチュリーもグレイソヴリン系×ノーザンテーストということで血統派には人気のようですが
東京競馬場改修後の昨年から、実はトニービン産駒があまりG1で活躍できていないんですよね。
たまたまG1級の馬がいなかったというだけかもしれませんが、
「トニービン=府中の鬼」というイメージは持ち過ぎないほうが良いのかもしれません。

ジャパンカップの予想も土曜日の夜に一応公開いたします。

最後に管理人の名前は「スンイチロー」と申します。
よろしかったら覚えてください。

【血統フェスティバル】はこちらから無料で利用できます