12月16日(日)に行われる朝日杯フューチュリティステークス2018の追い切り情報です。


過去3年の1〜3着馬の最終追い切りはこちら

2017年
1着ダノンプレミアム 栗東CW 単走
52.3-37.4-11.6

2着ステルヴィオ 美浦南W 併せ先着
53.8-40.0-13.0

3着タワーオブロンドン 美浦坂路 併せ先着
53.2-38.5-24.6-12.1


2016年
1着サトノアレス 美浦南W 併せ先着
55.6-41.3-12.9

2着モンドキャンノ 栗東CW 併せ遅れ
68.7-52.7-38.2-11.8

3着ボンセルヴィーソ 栗東CW 併せ先着
85.6-68.6-53.3-38.7-12.1


2015年
1着リオンディーズ 栗東CW 単走
83.1-67.8-53.8-39.9-12.4

2着エアスピネル 栗東坂路 併せ先着
52.3-37.8-24.4-12.1

3着シャドウアプローチ 栗東坂路 併せ遅れ
51.2-37.3-24.4-12.3

先週の阪神JFは予告通り5倍額勝負で馬連2点指示で64万円の払い戻し!
先週は4戦2勝となり、1週間で約77万8000円獲得となりました。
今週の朝日杯FSは昨年「一騎打ち指定レース」で38万円獲得!今年の朝日杯FSは3点以内の倍額勝負となります。



ウッドコースで追い切っている馬の好走が多くなっています。
坂路なら併せ馬で追い切っていた方が良いのかもしれません。


☆今年の出走馬でウッドコースで追い切ったのはこの馬たち。

アスターペガサス 栗東CW 単走
82.9-67.6-52.4-38.3-11.9

イッツクール 栗東CW 併せ先着
84.6-67.9-52.5-38.4-11.8

エメラルファイト 美浦南W 併せ先着
66.6-51.3-38.5-12.7

グランアレグリア 美浦南W 併せ先着
69.2-53.0-39.2-13.0

コパノマーティン 栗東CW 併せ先着
85.8-69.1-54.0-39.8-12.4

ソルトイブキ 栗東CW 併せ先着
86.5-70.3-54.2-39.5-11.7

ドゴール 美浦南W 併せ先着
67.7-51.9-38.5-12.5

マイネルサーパス 美浦南W 併せ遅れ
69.0-53.2-38.6-12.8


☆その他の馬の追い切りはこちら

アドマイヤマーズ 栗東坂路 併せ先着
52.9-38.8-25.1-12.6

クリノガウディー 栗東坂路 単走
51.6-37.7-24.5-12.2

ケイデンスコール 栗東坂路 併せ先着
52.5-38.3-25.0-12.5

ディープダイバー 栗東坂路 併せ先着
52.5-38.2-25.0-12.7

ニホンピロヘンソン 栗東坂路 単走
53.9-39.7-26.0-12.9

ヒラソール 栗東坂路 併せ先着
54.8-39.8-25.4-12.1

ファンタジスト 栗東坂路 併せ同入
52.8-38.3-25.0-12.1

朝日杯FSの追い切りからの注目馬は⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。


J.H.Aは降格制度があるので馬券師は毎回必死!つまり本気の予想をしています。
先週は中日新聞杯で105万円の払い戻し!
今週の『朝日杯フューチュリティステークス(G1)』でJ.H.Aの実力を無料で試すことができます!


J.H.Aとは

JAPAN
HORSEMAN
ALLSTARS

の略。

つまり、J.H.Aには日本最高クラスの馬券師たちが揃っているということ。

ほとんどの馬券師は、J.H.A代表がスカウトした精鋭揃い。

何よりもお客様にプラス収支をご提供する事を至上命題と考えておりますので、
経験より実力を重視して選ばれた馬券師たちとなっています。

J.H.Aの正式な馬券師に昇格するためには、
およそ二か月の試験期間内で、一定の成績を収める必要があります。

その試験をクリアした実力者だけが
今のJ.H.Aで予想を提供しているのです。

情報をご提供させて頂く以上、コースの得手不得手、調子の良し悪しは考慮できません。
昇格後も成績次第では、J.H.Aから除名するという
馬券師にとっては毎週、毎レースが試験の真剣勝負となっています。


何はともあれ、論より証拠。
J.H.Aの実力を試していただきたく、
今週は『朝日杯フューチュリティステークス』の予想を無料で提供させていただきます。
 ↓  ↓  ↓  ↓
JHA朝日杯フューチュリティステークス


今週の注目はなんといってもG1『朝日杯フューチュリティステークス』
牝馬のグランアレグリアがアッサリと牡馬斬りをするのか!?
それともファンタジストが意地を見せるのか


J.H.Aの馬券師たちのジャッジには注目ですが
精鋭揃いの馬券師達の中でも重賞レース頼りになるのが、
Gマイスター氏

Gマイスター氏は先週波乱となった中日新聞杯で105万円の払い戻し!!
JHA12月8日


やはりGマイスター氏の重賞レースでは強さは別格です。

また、池野氏も若手ながら実力派ですよ。

ここで注目してもらいたいのは
Gマイスター氏、池野氏ともに
3連単なのに買い目がとても少ないということ!

ここまで買い目を絞れるということは実力と自信があるからですし、
参考にする方も助かりますよね!


つまりJ.H.Aには本物の馬券師が揃っているということです。


今週の『朝日杯フューチュリティステークス』
競馬ファンとしては、本当に楽しみなレース!

ただ、J.H.Aの馬券師達は降格制度があるので、どのレースも必死で真剣勝負です。
朝日杯フューチュリティステークスで結果を出せず降格してしまうと、
これからの有馬記念に向けてのG1シーズンで予想が出来なくなってしまいます。

もっとも盛り上がるG1シーズンに予想が出来ないというのは
馬券師達にとっては大きな痛手。

ただ、今残っているのは夏〜11月の競馬で好成績を残し、契約延長を勝ち取った馬券師達。

つまり、本当に実力のある馬券師達による本気の予想が見られるということです。


『朝日杯フューチュリティステークス』は2歳王者決定戦ではありますが、まだまだ若い2歳馬ですから何が起こるかわかりませんし、ホープフルSとの使い分けなどの見極めも必要な馬券師の予想力が問われるレース。
つまりここを当てることがこれからのG1にもつながりますし、馬券師自身の実力を証明することになるのです!
馬券師たちのこのレースへの本気度、そして意気込みは。。。わかりますよね!?
⇒こちらからJHAの本気の予想を体験してください。
JHA朝日杯フューチュリティステークス