CBC賞2017出走予定馬7月2日(日)に行われるCBC賞2017のプレ予想後編です。
メラグラーナなどについて書いています。
タイムトリップ
ロードアルティマ産駒
NHKマイルCでは上手く行かなかったが、
差す競馬で良い脚を使えるようになった。
血統、ローテともに良く、侮れない。
△候補。


ティーハーフ
ストーミングホーム産駒
近走は復調気配が見え、
しっかり伸びるようになっている。
距離短縮のローテも良いし、
タフな面もある馬なので
中京も合うはず。
△候補。


トーセンデューク
ディープインパクト産駒
短い距離なら瞬間的な速さでも上位だし、
スタミナ面でも優位に立つことが出来る。
1200mでも中京なら対応出来そう。
距離短縮も良い。
△候補。
⇒同じディープインパクト産駒シャイニングレイの評価はこちらの記事に書いています(6月28日更新)



トウショウドラフタ
アンライバルド産駒
京王杯SCでは良い伸びを見せていた。
中京適性は重賞勝ちの実績があることからもわかるし
東京よりも脚の使い方も難しくないはず。
1200mも中京なら。
△〜重い印候補。


メイソンジュニア
Mayson産駒
ファルコンSでは
前の馬には厳しい流れだったし
道中で少しロスもあったが、
直線でもしっかり伸びて3着に来た。
1200mも悪くないし、チャンスはある。
ただ、ソエでNHKマイルCを回避した後なので
その点は気になる。
△〜重い印候補。


【皐月賞の100万馬券的中】も記憶に新しい
今ほんとに当たっているこのサイトの実力を夏競馬で試してみて下さい。(登録無料)

  ↓  ↓  ↓
高配当天皇賞


メラグラーナ
Fastnet Rock産駒
スローを楽々差しきったり、
前傾ペースをスムーズに先行して、
そこから上がりをまとめて楽勝したりと
1200mへの適性は高く、
レースの幅も広い。
高松宮記念は馬体重増、出遅れ、馬場など敗因はいろいろ。
普通の状態で普通に走れば上位。
重い印候補。


ラインスピリット
スウェプトオーヴァーボード産駒
母父はトニービンで、血統のバランスと
レースでの先行力と伸び脚のほどほど感からは
1400mへの適性も高そうで、
そういうタイプはCBC賞も合うかもしれない。
ただ、この馬自身馬格はないので、重賞クラスになるとタフな部類の中京は少し厳しいかも。


ラヴァーズポイント
マイネルラヴ産駒
昨年は2着に好走。
CBC賞も、セントウルSの好走も
先行してのアドバンテージが大きく、
ここ2走あまり前に行っていないのか
行けていないのか
というのは気になる。

⇒CBC賞2017の最終予想はこちらです(7月1日更新)



【夏競馬の荒稼ぎのタネ!春競馬と予想方法を変えなきゃ負ける。】

G1連戦が終了し、競馬も休憩ですね。

なんて言うわけありません!!
夏競馬特有の「降級制度」を利用した荒稼ぎ。
その情報は、
高配当専門の予想サイト、その名の通り【高配当】から今週発表されます。
※無料会員登録のとき、yahoo・gmailなどのフリーメールの場合、迷惑メールフォルダに届く事があるので、確認してみて下さい。
(無料会員登録フォーム)
http://ko-haito.net

降級制度とは?
最初に一言。
この制度を使うと、100万円程度の負債額なら『一発で回収可能です』
1鞍平均、4,000倍回収予定!

改めて、降級制度とは、
「4歳馬が夏季開催を迎えると収得賞金額が半減され、
それまで上位クラスにしか出走できなかった4歳馬が、
1つないし2つ下のクラスに出走できるようになる事を言います。

つまり一部の馬にとっては、
“その馬よりもレベルの低いレース”に出走可能になる事を言います」

その馬を”降級馬”と言うのですが、本来もともと上のクラスで
競争していた事から、他の馬に比べ能力が高く、
夏競馬においては降級馬の好走が多数見受けられます。

しかし、一つ問題点があり、そういった降級馬は過剰人気となり大きな利益に結び付きません。

そこをついて、降級馬に勝てる馬が間違いなくそろった条件などのレースを狙って、
プロの予想家は「夏競馬は荒稼ぎできる時期」と言うようになりました。


ちなみに、降級馬ではないキタサンブラックのような一流クラスの馬は、
秋競馬に向けて休養に入りますので、

G1クラスのような、ずば抜けた強い馬がいるような戦いはなくなり、
「中堅レベルの馬 VS メキメキと力を伸ばしてきている馬たち」の争いになります。

ゆえに!!各馬の力が拮抗することになり「高配当」のレースが生じやすくなる!


他にも降級制度以外に夏競馬が荒れる追加要因があって詳細はサイトの【夏競馬「最終」裏収得情報】を見てほしいのですが、簡単に言うと、
・馬場(福島・中京は地盤が緩く、芝の根付きが他の競馬場より悪い)
・ハンデ戦(実績も人気もない軽量ハンデの馬が、初めて走るコースに適性を見い出し構想するパターン)

この3つが夏競馬が荒れると言われる要因ですが、
逆に、この3つの要因を事細かにデータ化して分析を行うと、
走れる馬が浮き出てきます。

100万円程度の負債額なら『一発で回収可能です』
夏競馬は稼ぎどきのレベルではありません。荒稼ぎどきです。
(無料会員登録フォーム)
http://ko-haito.net