チャンピオンズカップ2017出走予定馬12月3日(日)に行われるチャンピオンズカップ2017のプレ予想前編です。
アウォーディーなどについて書いています。
アウォーディー
ジャングルポケット産駒
昨年2着の競馬は悪くなかったが、
それ以外では少し溜めが利かない面があり、
最後の踏ん張りが重要なチャンピオンズカップでは不安。
△候補。


アポロケンタッキー
Langfuhr産駒
コテコテのスタミナレースになると少し分が悪いか。
ムラがあるし、
馬群で競馬が出来る感じでもないので、
勝負を賭けるのは良いかもしれないが、信頼出来るタイプではないか。
印を打つかどうか。


カフジテイク
プリサイスエンド産駒
昨年は追い込んで4着。
サウンドトゥルーとのコース取りの差を考えるとかなり評価出来る。
血統的には距離など不安があるので、
出来るだけロスは少なくして末脚に賭けたい。
△候補。


【チャンピオンズC・無料】万馬券必至の≪3連単勝負≫を公開!
  ↓  ↓  ↓  ↓
シンクタンクチャンピオンズカップ


キングズガード
シニスターミニスター産駒
前走は1800mのみやこSで3着まで伸びてきたが、
ここで通用するほどのものはなかったか。


グレンツェント
グレンツェント産駒
このコースでは1月の東海Sを勝っている。
コース適性はあるが、斤量が増えて成績が悪くなっていることは気になる。


ケイティブレイブ
アドマイヤマックス産駒
帝王賞でレースの幅が広がったことは大きい。
コテコテのスタミナレースにならなければ
サウンドトゥルーを逆転することも可能か。
揉まれ弱さだけは心配。
△〜重い印候補。


コパノリッキー
ゴールドアリュール産駒
好位からの捲りで揉まれ弱さを解消していることは良い。
それでもスタミナが重要になりやすここでは
強気にはなれない。


ゴールドドリーム
ゴールドアリュール産駒
やはりスタミナレースへの不安はある。
パフォーマンスが落ちてきていることも気になる。

これらの馬の中でチャンピオンズカップの◎候補にもなるのは、この馬⇒最強競馬ブログランキング



□■□■□■□■□■□■□■□■□

  第18回 チャンピオンズC(G1)

  <<先着100名様限定!>>
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!


  →ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

コパノリッキーにアウォーディー、サウンドトゥルーなどダート界の実力馬だけでなく、
ロンドンタウン、テイエムジンソクなど勢いのある新興勢力が参戦し、
国内ダート界の強豪がズラリと名を連ねる見応え十分な一戦。
そうなると、世間の評価は“混戦ムード”で、馬券的な面白さも十分にある。

中京のダート1800mは基本的に逃げ、先行馬有利なコースではあるが、
GI競走故に、このレースは各馬が有利なポジションを奪い合った結果、激流になることが多く、
例年、差し・追い込み勢が台頭している。
一昨年は12番人気サンビスタが勝利し、昨年も6番人気サウンドトゥルーが1着、10番人気アスカノロマンが3着と、伏兵の台頭も少なくない。

実は、当社シンクタンクの情報ルートが、あらゆる競馬関係者から情報を収集した結果、人気の盲点となることが必至な、ある“激走穴馬”の存在に辿り着いた。
一部関係者の間では「この馬が勝ったら、楽に10万馬券にはなる」という声もあるほどだ。
そこで、初めてシンクタンクの情報を入手される方に限り、チャンピオンズカップの“激走穴馬”を含めた【3連単勝負馬券】の情報を特別無料公開する。
馬券を買うつもりのある方は、是非ともこの馬の存在は知っておいた方がいいだろう。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  第18回 チャンピオンズC(G1)

  <<先着100名様限定!>>
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!


  →ココをクリック!

シンクタンクチャンピオンズカップ