12月2日(日)に行われるチャンピオンズカップ2018の枠順が確定しました。
チャンピオンズカップ2018出馬表

ルヴァンスレーヴは2枠2番
ケイティブレイブは5枠8番
オメガパフュームは6枠11番
サンライズソアは5枠9番


1枠1番 アンジュデジール
2枠2番 ルヴァンスレーヴ
2枠3番 パヴェル
3枠4番 アポロケンタッキー
3枠5番 ノンコノユメ
4枠6番 アスカノロマン
4枠7番 サンライズノヴァ
5枠8番 ケイティブレイブ
5枠9番 サンライズソア
6枠10番 センチュリオン
6枠11番 オメガパフューム
7枠12番 ウェスタールンド
7枠13番 ミツバ
8枠14番 ヒラボクラターシュ
8枠15番 インカンテーション

先週のジャパンカップは予告の5万円勝負で24万円の払い戻しで、先週は4戦3勝となり、1週間で約80万円獲得となりました。
今週のチャンピオンズカップには「高配当の使者」が週出走!
それ以外のレースでも「強力騎手情報馬」「強力厩舎情報馬」が出走となります。



ここ2年の勝ち馬は真ん中辺りから出ていますが、全体的には内枠が優勢です。
2桁馬番から馬券圏内に来た馬は過去4年で2頭。
上位人気になりそうな馬ではオメガパフュームが2桁馬番となってしまいました。


□■□■□■□■□■□■□■□■□

  第19回 チャンピオンズC(GI)

     万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開

    →ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年のチャンピオンズカップは、去年のJRA最終ダートホースに輝いたディフェンディングチャンピオンのゴールドドリームと、南部杯でその現王者を負かした3歳世代トップのルヴァンスレーヴが再び激突。そこに、京都開催のJBCクラシックを制したケイティブレイブ、フェブラリーSの勝ち馬ノンコノユメ、3連勝で勢いに乗るサンライズノヴァ、そしてダートの本場アメリカからはパヴェルも参戦予定と、まさに“頂上決戦”にふさわしいメンバーが揃いそうだ。

中京ダート1800mは基本的には『逃げ・先行』が有利なコースとして知られるが、GI競走のこのレースに関しては激流になることも多く、差し・追い込みが決まるシーンもしばしば見られる。そのため、脚質的に嫌われて人気を落とし、高配当を演出するシーンも珍しくない。事実、去年勝ったゴールドドリームは8番人気で、一昨年の勝ち馬・サウンドトゥルーは6番人気、3年前には12番人気サンビスタがレースを制しており、伏兵が差し・追い込みの競馬で馬券に絡んでいることは頭に入れておかねばならない。

当社シンクタンクは騎手、厩舎、馬主、生産者、外厩、エージェントなど、あらゆる関係者から情報を入手しており、今年も好配当を演出する“激走穴馬”の存在をシッカリとマークしている。世間が順当と思うレースでも、波乱の可能性はいくらでも存在し、波乱になれば大万馬券決着にもなり得る。馬券を買うのであれば、確かな筋からの情報を掴んでおいた方が良いのは間違いないだろう。

そこで、今回は当社シンクタンクの情報力を知ってもらうべく、万馬券を狙い撃つチャンピオンズカップの【3連単勝負馬券】の情報を特別に無料公開する。このチャンスに是非ともシンクタンクの情報を馬券検討に活用して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  第19回 チャンピオンズC(GI)

     万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開

    →ココをクリック!

シンクタンク:チャンピオンズC300_250