12月2日(日)に行われるチャンピオンズカップ2018の予想です。
チャンピオンズカップ2018予想
チャンピオンズCの出走馬と過去5年の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。
★【チャンピオンズC】過去5年の傾向

ヴァイスリージェント系の血統が活躍。
この血統を持つ馬が3連勝中、3年連続で2頭が馬券圏内に来ています。
2015年の勝ち馬サンビスタは母母父がヴァイスリージェント系でした。
※今年の出走馬で3代以内にヴァイスリージェント系の血統を持っているのはアスカノロマン・アポロケンタッキー・アンジュデジール・インカンテーション・クインズサターン・ミツバ


☆昨年はゴールドアリュール産駒(サンデーサイレンス系)が1着3着でした。
※今年の出走馬ではサンライズノヴァ・メイショウスミトモがゴールドアリュール産駒(サンデーサイレンス系)、オメガパフュームは母父がゴールドアリュール(サンデーサイレンス系)です。


☆溜めが利くことが重要なポイントになることが多いのでサンデーサイレンス系の血統を持つ馬の好走が多くなっています。


キングマンボ系(ミスプロ系)も良いですね。


★中京ダートの傾向
チャンピオンズカップ2018予想参考中京ダートコース

☆土曜日の中京ダートコースではキングマンボ系(ミスプロ系)の活躍が目立っていました。
※チャンピオンズCの出走馬ではセンチュリオンの父がキングマンボ系(ミスプロ系)です。


先週のジャパンカップは予告の5万円勝負で24万円の払い戻しで、先週は4戦3勝となり、1週間で約80万円獲得となりました。
今週のチャンピオンズカップには「高配当の使者」が週出走!
それ以外のレースでも「強力騎手情報馬」「強力厩舎情報馬」が出走となります。




◎は父シンボリクリスエス(ロベルト系)×母父ネオユニヴァース(サンデーサイレンス系)の、この馬⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。
1600mに対応出来るスピードとキレ味、2000mでも突き抜けるスタミナどちらも持っている。
中京D1800mはタフなコースだし、チャンピオンズカップもスタミナを要求されるレースになりやすいので、2000mのジャパンダートダービーを楽勝したことは心強い。
ただ、昨年のチャンピオンズカップがそうだったようにスローになる年もあり、そうなるとスピードタイプにも出番が回ってくる。そうなった時にも1600mでの実績やそこで見せている反応の良さというのは安心出来るポイント。
どちらの流れにも対応出来て、しかも爆発力もある。
スタートは速くないのでその点が不安ではあるが、そこまで深刻なものでもないし、それがあったとしても最後に突っ込んで来られるだけの力もあると思います。


○ケイティブレイブ
父アドマイヤマックス(サンデーサイレンス系)×母父サクラローレル(ブラッシンググルーム系)
こちらもスピードとスタミナのバランスが良いタイプ。
緩い流れなら自然に前、速い流れなら控えるという流れに合わせた上手な競馬が出来ていますし、今回中京ということを考えると前走のJBCクラシックでやった差す競馬が活きてくるのではないかと思います。


▲オメガパフューム
父スウェプトオーヴァーボード(ミスプロ系)×母父ゴールドアリュール(サンデーサイレンス系)
こちらはスタミナ寄りのレースになって欲しいタイプ。
JBCクラシックも前の馬にはきつい展開になったので最後に突っ込んで来たものの、やはり直線平坦の京都では少し届かなかった。
今回は直線に坂があり京都よりもタフな中京コース。
流れが落ち着く可能性もありますし、少し外目の枠という点は不安材料ですが、それでも能力の高さと京都→中京替わりでパフォーマンスを上げてくる可能性に賭けたいですね。


△サンライズソア
シンボリクリスエス産駒(ロベルト系)
前走のJBCクラシック、2走前のシリウスSともに先行馬には楽ではない展開や流れでしたが、それでもどちらも3着。
中京だとまた最後に厳しくなる可能性がありますが、展開が落ち着けばもっと際どいところまで粘れると思います。


△ウェスタールンド
ネオユニヴァース産駒(サンデーサイレンス系)
前走の武蔵野Sは適性外なので仕方なし。
東京D1600mよりも今回の中京D1800mの方がスタミナ的な末脚を活かせる可能性の高いコース。
外目の枠はプラスにはなりにくいですが、シリウスSでは大外枠から最後方イン突きという競馬で2着に好走しているように、そういう競馬も出来るというのは大きいと思います。


△ヒラボクラターシュ
母父のワイルドラッシュ(ニアークティック系)が魅力的。
揉まれず進むことが出来れば大駆けもある血統で、激走の魅力ありの1頭。


【予想印】
最強競馬ブログランキングで公開中です。
○ケイティブレイブ
▲オメガパフューム
△サンライズソア
△ウェスタールンド
△ヒラボクラターシュ
買い目:◎○▲の単勝、◎と○からワイド
◎から3連単マルチ、○から3連複



『競馬大陸』今週はチャンピオンズカップも無料公開

先週競馬大陸が利益直結馬で公開した10レースの中で、
7レースで馬単以上の的中
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
4レースで三連単の的中
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
もっとも大きな利益に繋がったのは,
土曜日の東京11Rキャピタルステークス!10万超え的中。
昇級戦とはいえ、安定感抜群のソーグリッタリング、
重賞でも走れているダイワギャグニー、
重賞2勝の3歳馬タワーオブロンドンを利益本命馬に選出。

そして、ペース次第で飛んで来る馬が変わってくる東京1600mなので、
前と後ろ、両方の力のある馬を利益穴馬にずらりと並べました。
結果は利益穴馬から1着馬と3着馬、利益本命馬から2着馬が入り、
比較的実績が安定した上位3頭だった分、高配当の割には的中報告が多い印象でした。

私としてもこの3頭でここまで三連単配当がつくとは少し意外でしたね。
でもさすが競馬大陸さんですね。毎週4万5万10万とか当ててくるので!

的中実績見てみたい方はCLICK

続いて世界中の注目を集めたレース、ジャパンカップ(G1)。
このレースはご存じのように、馬券妙味はない結果となりましたが、
それを除いても、競馬ファンが大興奮するレースだったので、簡単に回顧をしてみようと思います。

このレースは東京の芝2400m。牝馬三冠のアーモンドアイ、再度G1の舞台で復活を目指すサトノダイヤモンド、左回りの長距離巧者スワーヴリチャードを利益本命馬に選出。
レースはキセキがマイペースで逃げて、人気どころは前々で競馬を進める展開に、
1000m通過が59.9で後ろは2馬身差程度の差だったので、ペース的にはさほど速くはならず前々で決まりましたが、結果はご存知の通り、

2分20秒6の衝撃レコード
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
13年間破られなかったアルカセットのレコードを、
塗り替え圧倒的な強さを見せつけて、アーモンドアイが完勝しました。
ジェンティルドンナ以来となる、史上2頭目の3歳牝馬での制覇。
もちろんアーモンドアイだけじゃなく、2着のキセキの素晴らしい粘りや、6着のサトノダイヤモンドまでレコードよりタイムが良いなど、レース全体としてもハイレベルで、非常に見応えのある
“これぞジャパンカップ”というレースでしたね。

競馬大陸さんの利益直結馬は、最初からうまく使える人もいれば、
少しづつ慣れてきて使いこなす人もいます。私でも利益直結馬で稼げるようになったのですから、あなたも稼げるようになるはずです。

あなたが“自分自身で稼ぎたい”と思っていたら、
是非今週も利益直結馬で買い目を作ってみてくださいね。

しかも競馬大陸ではこんな100万馬券も的中していたりします!

え?!11月18日には2レースも?!

今週はJRAダート王を決める「チャンピオンズカップ(G1)」です。
80週以上的中してきてて、かつ無料なのでまずは安心しておすすめできます。
⇒競馬大陸【利益直結馬】を見たい方はこちらから無料登録!