6月9日(日)に行われるエプソムカップ2019のプレ予想です。
エプソムカップ2019出走予定馬
ソーグリッタリングなどについて書いています。
アップクォーク
ベーカバド産駒
スタートいまいち、
瞬間的な速さも重賞に入ると心許ない。
ただ、レース後半のスピード持続力は高いものを持っているので
流れに乗って持続力レースになればチャンスあり。
△候補。



アンノートル
アイルハヴアナザー産駒
距離は若干長い気もするが
充実していることからかなり良い脚を使っており
侮れない。
△候補。



サラキア
ディープインパクト産駒
母系から距離延長は良いはず。
ただ、東京で瞬発力が要求されると?
少し時計がかかってくれれば。
印を打つかどうか。


【3連単馬券が無料】エプソムCの激走穴馬情報で高配当を狙う!


ショウナンバッハ
ステイゴールド産駒
馬群が固まれば差してくることが出来るタイプだが
それで勝ち負けまで来るということも
確率としてはかなり低め。



ストーンウェア
Birdstone産駒
東京芝1800mは得意なコースではあるが
重賞に入って何か秀でているものがあるわけでもないし、
大物食いというタイプでもなく狙いにくい。



ソーグリッタリング
ステイゴールド産駒
今の充実度から逆らうのは危険か。
それでも瞬発力レースよりは
持続力が要求されるような流れになってくれた方が
安心ではある。
重い印候補。


□■□■□■□■□■□■□■□■□

   第36回 エプソムC(G3)

激走穴馬情報で好配当を狙うチャンス
   穴の3連単馬券を無料公開

    →ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

去年までは前週にクラス再編成が行われ、4歳馬は降級制度で賞金が半分となったことで、安田記念への出走ボーダーが高くなり、賞金不足のため、ココへ回ってくる実力馬が少なくなかった。そのため過去10年で4歳馬が7勝と圧倒的に強く、好走馬の中にはダノンシャーク、ジャスタウェイ、エイシンヒカリ、サトノアラジンといった後のGI馬が名を連ねており、実は“出世レース”の1つとして大いに注目すべきレースなのだ。

だが、今年から降級制度が廃止となり、賞金不足で悩むことがなくなった。出走予定馬を見ても4歳馬が少なくなり、過去とは違う印象を受ける。実際、『秋を見据えて賞金加算を狙う』よりも、宝塚記念など『他の番組と両睨みして使う』ことを意図している陣営が少なくない。今年はガラリとレースの様相も変わると睨んでいる。

こうした一般では気づき辛い変化を把握し対応するためも、必要となるのは確かな情報力だ。重賞・メイン特捜部を率いる平井雄二・元調教師や、ハイセイコーでお馴染みの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一など競馬界の大物OBが在籍しているシンクタンクは、トレセン内外の関係者と信頼関係を構築しているから、24年間と長きに渡って確かな関係者情報をお伝えすることができている。今週のエプソムCでも、その情報力が馬券攻略において生きることになる。

そこで、今週はエプソムCの【穴の3連単馬券】を無料公開する。シンクタンクの情報力を知って頂くための特別公開なので、ぜひともこのチャンスをお見逃しなく。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

   第36回 エプソムC(G3)

激走穴馬情報で好配当を狙うチャンス
   穴の3連単馬券を無料公開

    →ココをクリック!