フェブラリーステークス2016出馬表2月21日(日)に行われるフェブラリーステークス2016の枠順が確定しました。

ノンコノユメは4枠7番
コパノリッキーは2枠3番
モーニンは7枠14番
ベストウォーリアは3枠5番

フェブラリーステークスの出走馬と過去5年の1〜3着馬の血統を、予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめました。
フェブラリーステークスと東京D1600mの血統データを分析します。
★関連記事:フェブラリーS2016登録馬の血統 プレ予想 予想参考 携帯用

【フェブラリーS】過去5年の傾向(表):☆ゴールドアリュール産駒(サンデーサイレンス系)が4年連続で連対中。

☆ここ2年は父か母父がミスプロ系という馬が1〜3着を占めている。

ボールドルーラー系も活躍している。

ヴァイスリージェント系ストームバード系ヌレイエフ系などのパワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)も良さそう。

☆基本的には「前走の上がり3ハロン順位が上位かつ好成績」という馬が中心か。

【フェブラリーS】の血統プライマル
(過去3年の1〜3着馬9頭が対象)
☆タイプ:パワー型9/9
☆スピード系統:9/9
☆系統ミスプロ系6/9
☆注目血統ゴールドアリュール産駒(サンデーサイレンス系)ミスプロ系ボールドルーラー系、パワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)

にほんブログ村 トラコミュ フェブラリーステークス2016へ
フェブラリーステークス2016

東京D1600mの傾向(表):☆ロベルト系が父と母父をあわせて5勝をあげる大活躍。

ゴールドアリュール産駒(サンデーサイレンス系)ゼンノロブロイ産駒(サンデーサイレンス系)が2勝ずつ。

☆先週はグレイソヴリン系がよく走っていた。

競馬予想のレジまぐ