フェブラリーステークス2017予想2月19日(日)に行われるフェブラリーステークス2017の予想です。
フェブラリーSの出走馬と過去5年の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。
【フェブラリーS】過去5年の傾向(出馬表から):☆ここ3年は父か母父がミスプロ系という馬が1〜3着を占めています。

ヴァイスリージェント系ストームバード系ヌレイエフ系などのパワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)も良いですね。

ボールドルーラー系も注目です。

☆2015年まではゴールドアリュール産駒(サンデーサイレンス系)が4年連続で連対していました。

☆スピードがないタイプは厳しく、血統的にもスピードの裏付けは重要になっている印象があります。

☆基本的には「前走の上がり3ハロン順位が上位かつ好成績」という馬が中心で、特に東海S組は良いですね。


東京D1600mの傾向(表):☆ターントゥ系(大系統)ミスプロ系が中心で、ターントゥ系(大系統)×ミスプロ系配合馬がよく勝っています。

☆父・母父ともにミスプロ系という馬が連勝中です。
さらにその2頭は父か母父がキングマンボ系(ミスプロ系)となっています。

ターントゥ系(大系統)はやはりパワー型が良く、ゴールドアリュール(サンデーサイレンス系)の系統・フジキセキ(サンデーサイレンス系)の系統・ネオユニヴァース(サンデーサイレンス系)の系統、ロベルト系などが好調です。

ノーザンダンサー系(大系統)ではパワースピード型のヴァイスリージェント系などが良いですね。

ボールドルーラー系にも要注意です。


【4頭で京都記念を的中!】1分で見れた情報で万馬券ゲット!
今週は無料でフェブラリーSを獲っちゃいましょう!

   ↓   ↓   ↓
うまコラボフェブラリー


◎は父Majestic Warrior(ボールドルーラー系)×母父Mr. Greeley(ミスプロ系)のベストウォーリア。
父のボールドルーラー系、母父のミスプロ系ともにフェブラリーSの好走血統で、2015年3着の実績あり。
昨年のフェブラリーSは4着でしたが、これは重馬場でスピード優勢のレースになったことが、直線序盤の反応がいまいちなこの馬には少し厳しかった。
今年はたぶん良馬場でしょうから、直線でスピード負けすることはないでしょうし、この枠も内の有力馬たちを見ながら、しかも前に入られる不安も少ないスムーズに走ることの出来る良いところだと思います。
前走の根岸Sではカフジテイクにかわされましたが、こちらは1600mに距離が延びても問題がないのに対して、あちらは若干末脚が鈍る可能性がある分、逆転も可能だとみました。

○カフジテイク。
父プリサイスエンド(ミスプロ系)×母父スキャン(ミスプロ系)
1400m→1600mへの距離延長で末脚が鈍る可能性は否定出来ないものの、1800mのチャンピオンズカップでも突っ込んできていますし、今の充実度ならこなすのではないかと思います。
同じコースで行われた武蔵野Sでは前を捕らえることができず3着、ゴールドドリームにも先着を許しましたが、重馬場で4コーナー先頭のタガノトネールが押し切るレースだったことを考えると、届かなかったことよりも伸びてきたことを評価するべきだとも思いますし、良馬場ならゴールドドリームに先着することも出来るのではないでしょうか。

▲モーニン。
父ヘニーヒューズ(ストームバード系)×母父Distorted Humor(ミスプロ系)
昨年の勝ち馬。
その昨年は重馬場でスピード寄りの馬場になった恩恵も大きかった。
良馬場濃厚の今回はスピードを活かしにくくなるので、プラスではない。
ここ2戦は消極的なレースをしたことが大きな敗因。
それなのに最後に何故かまた伸びた来たチャンピオンズカップを見る限り、終わったとは思えない。
今回、馬場は昨年に比べてマイナス(プラスではない)ですが、ムーア騎手でこの枠の並びなら消極的なレースにはならずに、スムーズに力を出し切れるのはないかと思います。

△ノンコノユメ。
トワイニング産駒(ミスプロ系)
昨年の2着馬。
この馬もチャンピオンズカップでは伸びていましたし、東京大賞典は末脚を活かす自分の競馬ができなかったので仕方のない面もあり、完全に終わっているわけではない。
馬体重がしっかり戻っていれば、巻き返してくる可能性はあると思います。

△アスカノロマン。
アグネスデジタル産駒(ミスプロ系)
昨年の3着馬。
前走はスタート直後から控え気味だったこともあり位置取りを悪くし、さらに外からも来られて動けなくなってしまい自分の競馬が出来なかった。
今回も内目の枠なので微妙ではあるのですが、チャンピオンズカップでも厳しい展開で3着に粘ったように地力は高いですし、能力を発揮できればここでもチャンスはあると思います。

△ゴールドドリーム。
ゴールドアリュール産駒(サンデーサイレンス系)で、これは2015年まで4年連続で連対していたフェブラリーSの好走血統の1つ。
能力的に勝つまではどうかな?と思うのですが、東京D1600m適性の高さは魅力。

【予想印】
◎ベストウォーリア
○カフジテイク
▲モーニン
△ノンコノユメ・アスカノロマン・ゴールドドリーム
買い目:◎の複勝、◎-○のワイド、◎と○から馬連
◎から3連複、○から3連複


【4頭で京都記念を的中!】1分で見れた情報で万馬券ゲット!
今週はフェブラリーSを細かく解説してくれます。

京都記念は的中しましたか?

僕は当たりました!
ここからズラーっと京都記念の僕的考察を書いていきます。

【結果】
4頭BOX 24点 1点400円
購入金額:9,600円
3連単 16,070円 的中
配当金額:64,280円(54,680円勝ち!)

京都記念は先月から利用している「うまコラボ」っていう競馬指数サイトの力を借りました。

競馬指数サイトっていうと難しそうですが、めちゃくちゃ簡単です。

馬券の買い方は人それぞれなんですが、馬券に絡む馬を1位から全部推奨してくれます。どういうことかというと、僕が予想した京都記念(G2)を例に紹介します。

まず、JRAから出される人気順と
うまコラボから出される人気順(コラボ@指数)は違います。

最も信頼できる馬の指数は[04]
最も信頼できない馬の指数は[72]
となり、
指数が少なければ少ないほど、馬券に絡む可能性が高くなるというものです。

これだけです。簡単ですよね?

■京都記念(G2):うまコラボの指数予想
【コラボ@指数】




⇒ コラボ@指数では、このような予想になります。※()はJRAの人気順です。
1着:マカヒキ(1番人気)
2着:ミッキーロケット(2番人気)
3着:サトノクラウン(3番人気)
4着:スマートレイアー(5番人気) と予想しています。

僕は「3連単を当てる事」「馬券購入金額を1万円未満にする事」を決めていたので、
24点買い1点400円の4頭BOXで挑みました。

■京都記念(G2):レース結果
1着:サトノクラウン(3番人気)
2着:スマートレイアー(5番人気
3着:マカヒキ(1番人気) となり、僕は3連単的中!64,280円の配当でした!

実は今回4頭BOXにした理由がもう一つあって、
うまコラボの運営者?で北条直人っていう人がサイト内でブログをやっています。
そこで、レース当日の午前中くらいに予想を公開していました。

そのブログで過去の京都記念の傾向を話していて、
2016年 2月14日(日)
京都11R 京都記念(G3)
1着:07番 (指数7位)(6番人気)
2着:06番 (指数5位)(3番人気)
3着:02番 (指数8位)(4番人気)

2015年 2月15日(日)
京都11R 京都記念(G3)
1着:06番 (指数1位)(3番人気)
2着:09番 (指数8位)(4番人気)
3着:04番 (指数2位)(2番人気)

2014年 2月16日(日)
京都11R 京都記念(G3)
1着:11番 (指数8位)(6番人気)
2着:10番 (指数1位)(2番人気)
3着:09番 (指数3位)(4番人気)

この過去3年の結果から、JRA人気上位6位以内の馬が入線確率が高いと判断し、
京都記念のコラボ@指数推奨の上位4頭もJRA人気上位6位以内だったので、
BOXで購入して的中!

ぶっちゃけ、ここまで調べ上げてくれていたので予想は簡単でした。

今週はフェブラリーS(G1)も「うまコラボ」を使って獲りに行きます!
どんな配当が付くのか、楽しみです!!

◆うまコラボを使ってみた感想◆
京都記念の予想も今週のフェブラリーSの予想も、うまコラボは無料で提供してくれるのが、
ありがたい話ですね。

新馬戦や未勝利戦、特別戦など、重賞以外のレースの指数を見たい方には、
一部のレースは無料で提供してくれます。
有料に参加すると毎週末の全レースの予想、
3場開催なら72レースという驚異的な予想数を提供してくれます!
そして、うまコラボおススメの買い目の提供もあります。
より少額投資で高配当を狙えるという事ですね!

ここまで聞くと高いお金がかかると思いきや、
月額1,980円しかかからないので、財布に超優しい!
運営していけるのかと心配になるくらいです。

今週末からすぐに始められます。
まずは無料でフェブラリーSを獲っちゃいましょう!

 ▼登録はこちらから▼
http://collabo-n.com/
   ↓   ↓   ↓
うまコラボフェブラリー