2月18日(日)に行われるフェブラリーステークス2018東京D1600mの出走予定馬(登録馬)と過去5年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。
フェブラリーステークス2018出走予定馬
フェブラリーSの血統データを分析することで、今年の注目馬を探します。
ミスプロ系率が高く、ここ4年で父も母父も非ミスプロ系で馬券圏内に来たのは昨年のゴールドドリーム1頭だけとなっています。
※今年の登録馬で父か母父がミスプロ系なのは、アスカノロマン・インカンテーション・カフジテイク・コパノチャーリー・サンライズノヴァ・テイエムジンソク・ニシケンモノノフ・ノンコノユメ・ヒデノインペリアル・ベストウォーリア・モルトベーネ・モンドクラッセ・ララベル・レッツゴードンキ



☆やはり重要になってくるのはスピードとパワーなので、ヴァイスリージェント系ストームバード系ヌレイエフ系などのパワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)も良く、ゴールドドリームの母父もヴァイスリージェント系です。



ゴールドアリュール産駒(サンデーサイレンス系)も毎年のように好走しています。



☆持続力に優れたボールドルーラー系にも注目したいですね。



☆スピードがないタイプは厳しく、血統的にもスピードの裏付けは重要になっている印象があります。



☆基本的には「前走の上がり3ハロン順位が上位かつ好成績」という馬が中心になっています。

フェブラリーSの血統からの注目は、この馬⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。


【フェブラリーS】の血統プライマル
(過去3年の1〜3着馬9頭が対象)
☆タイプ:パワー型9/9
☆スピード系統:9/9
☆父の系統ミスプロ系ボールドルーラー系ともに3/9
☆注目血統ミスプロ系、パワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)ゴールドアリュール産駒(サンデーサイレンス系)ボールドルーラー系


2018年の競馬予想でもっとも期待されているサイトが
『フェブラリーS』を狙い撃つ!



東京新聞杯の日に、
競馬ファンを対象に
「2018年の競馬で期待するサイト」をアンケートしたところ
大激戦を制して1位に輝いたのが
『競馬劇場』
というサイト。

先日の結果報告の一部がこちら
■結果報告3/5
------------------------
【スタンダードチケット】
------------------------
1/2鞍 的中
・不的中 中山8R
・的中 中山9R 9-10(3310円) 上限1点2000円≪6万6200円獲得

------------------------
【ゴールドチケット】
------------------------
1/2鞍 的中
・的中 小倉10R 3連単8-5-14(1万7480円) 上限1点1000円≪17万4800円獲得
・不的中 小倉11R

------------------------
【ラストチケット】
------------------------
1/1鞍 不的中
・不的中 中山12R

------------------------
【馬主関係者プレミアム】
------------------------
1/1鞍 的中
・的中 中山7R 馬単8→9(3320円) 上限1点9000円≪29万8800円獲得

------------------------
【極秘 生産・外厩ルート】
------------------------
1/1鞍 的中
・的中 中山11R 馬連10-11(4360円) 上限1点9000円≪39万2400円獲得

当たったレースだけ公開してもいいのに、
わざわざ不的中まで報告してくるとは、確かに誠実さが感じられます。

的中レースを見ていただければわかる通り、
もちろんトータルでは勝っているんですが、
毎回毎回「的中!」「当たった!」ばっかりだと
怪しくなってくるじゃないですか!?

その点、競馬劇場はハズレ馬券もちゃんと公開しているので
僕も含め、会員の信頼を得ているんです。


『競馬劇場』への無料登録は

1.メールアドレスを登録
2.競馬劇場から仮登録メールが届くので、そこに記載しているURLをクリックするだけ!

これだけで簡単でしたし、

新規で登録した時には
無料3連複情報をもらいました。

年明けから的中連発の好スタートを切っている競馬劇場
今週は『フェブラリーS』を狙い撃つとのこと!

『競馬劇場』、G1フェブラリーSもめっちゃ楽しみです^^
  ↓  ↓  ↓  ↓
競馬劇場