2月18日(日)に行われるフェブラリーステークス2018の予想です。
フェブラリーステークス2018予想
フェブラリーSの出走馬と過去5年の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。
★【フェブラリーS】過去5年の傾向

ミスプロ系率が高く、ここ4年で父も母父も非ミスプロ系で馬券圏内に来たのは昨年のゴールドドリーム1頭だけとなっています。
※今年の出走馬で父か母父がミスプロ系なのは、ニシケンモノノフ・インカンテーション・ララベル・テイエムジンソク・ノンコノユメ・レッツゴードンキ・ベストウォーリア・サンライズノヴァ。


☆やはり重要になってくるのはスピードとパワーなので、ヴァイスリージェント系ストームバード系ヌレイエフ系などのパワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)も良く、ゴールドドリームの母父もヴァイスリージェント系です。


ゴールドアリュール産駒(サンデーサイレンス系)も毎年のように好走しています。
※今年の出走馬では、ララベル・メイショウスミトモ・ゴールドドリーム・サンライズノヴァがゴールドアリュール産駒です。


☆持続力に優れたボールドルーラー系にも注目したいですね。


☆スピードがないタイプは厳しく、血統的にもスピードの裏付けは重要になっている印象があります。


☆基本的には「前走の上がり3ハロン順位が上位かつ好成績」という馬が中心になっています。


★東京D1600mの傾向
フェブラリーステークス2018予想参考東京D1600m

ゴールドアリュール産駒(サンデーサイレンス系)ローエングリン産駒(サドラーズウェルズ系)が2勝。
※フェブラリーSの出走馬では、ゴールドドリーム・サンライズノヴァ・メイショウスミトモ・ララベルがゴールドアリュール産駒です。


スマートファルコン(サンデーサイレンス系)ゴールドアリュールの系統です。


ヴァイスリージェント系が母父として4勝の大活躍。
※フェブラリーSの出走馬では、ノボバカラ・ゴールドドリームが母父ヴァイスリージェント系
サウンドトゥルー・テイエムジンソクが父ヴァイスリージェント系です。


ボールドルーラー系も良いですね。



元厩務員が監修している『キングダム』は実力が違う!
昨年の【フェブラリーS】は3連単たった12点で的中
⇒今年の【フェブラリーS】情報への無料登録はこちらから




◎はゴールドアリュール産駒(サンデーサイレンス系)の、この馬⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。
ゴールドアリュール産駒は過去5年のフェブラリーSのうち4年で好走している血統。
唯一好走できなかった2016年は重馬場だったということを考えると、今年良馬場で行われそうなことは良いですし、今東京開催でも好調なことは心強いですね。
本命馬はメリハリをつけた方が良いタイプなので東京は向いています。
スピード馬場になると前が止まらないということもありますが、良馬場ならこの馬の末脚はしっかり発揮できそう。


○インカンテーション。
シニスターミニスター産駒(ボールドルーラー系)で2015年の3着馬。
ボールドルーラー系もフェブラリーSの注目血統。
前走の東京大賞典は適性から外れていたことと、レース運びも消極的だった印象。
適性のあるこのコースなら巻き返しは可能だと思います。


▲サンライズノヴァ。
ゴールドアリュール産駒
末脚は本命馬と比べると劣るものの、ワンペースになった時の末脚の持続力はなかなかのもの。
そこまで強さを感じさせるタイプではないですが、これまでも東京ではパフォーマンスを上げてくることが多く、ゴールドアリュール産駒が活躍しているフェブラリーSでは尚更侮れないですね。


△ノンコノユメ。
トワイニング産駒(ミスプロ系)
2016年の2着馬。
当時と比べるとまだ完全復活とまではいきませんが、近走で復調気配は見せていましたし、前走のように展開が嵌れば結果に結びつくところまでは戻ってきた。
突き抜けるまでは難しくても、馬券圏内なら。


△ニシケンモノノフ。
昨年はあわやの5着。
この馬が単騎で行っても誰も捕まえに行かないという展開は十分に考えられますし、そうなると母父のアフリート(ミスプロ系)は強さを発揮する血統。


△テイエムジンソク。
クロフネ産駒(ヴァイスリージェント系)
中距離でスピードを活かすタイプですし、近走では楽なペースを続けて経験していることから、1600mへの対応がどうなるかという不安はある。
それでも今の充実度はメンバー中随一だと思いますし、フェブラリーSはこういうタイプが強いレース。


△レッツゴードンキ。
キングカメハメハ産駒(ミスプロ系)
ダートではJBCレディスクラシックで2着がある。
血統的にも適性は秘めているはず。
この距離だと抑え切れずに行ってしまうかもしれませんが、溜めを利かせなければいけない芝のレースではダメでも、ダートならそのまま押し切れる可能性もある。


【予想印】
最強競馬ブログランキングで公開中です。
○インカンテーション
▲サンライズノヴァ
△ノンコノユメ
△ニシケンモノノフ
△テイエムジンソク
△レッツゴードンキ
買い目:◎○▲の単勝、◎と○それぞれから馬連・3連複



元厩務員が監修している『キングダム』は実力が違う!
昨年の【フェブラリーS】の3連単もたった12点で的中




以下が実際に『キングダム』が配信した
昨年のフェブラリーステークスの予想です。

■□■□■□■□■□■□
2017-02-19(日)
◆東京11R
フェブラリーステークス(G1)
ダ1600m
発走:15:40

【上位拮抗】本命はゴールドドリーム。調教の動きは申し分なく、実績のある東京マイルなら前走のような事はない。勝ち負け濃厚と見る。
対抗はベストウォーリア。前走のレースぶりを見ても年齢的なものは感じず、今年も上争い可能。崩れる事は考えにくい。
乗り替わりに多少の不安はあれど、東京コースはベストのカフジテイクの決め手も注意。
______________________

◎ 3番 ゴールドドリーム
○ 9番 ベストウォーリア
▲ 10番 カフジテイク
★ 1番 サウンドトゥルー
△ 13番 エイシンバッケン
△ 11番 ノンコノユメ
☆ 6番 モーニン
______________________

【3連単/1着固定フォーメーション】
【1着】3
【2着】1.6.9.10
【3着】1.6.9.10
※点数12点※
【推奨投資金1000円(1点)】


結果 3連単3-9-10(◎-○-▲で的中)
配当 9万2400円獲得!!【★3連単12点的中★】

そしてこちらが的中した会員さんの声
============
やばいのとった!G1でこの配当は初かも!

岐阜県 匿名様 (43歳:男性)
投稿日時:2017-02-19

勝手に1点5000円勝負しました(汗)結果がやばい!
バッチリあたって462000円の払い戻し!
G1予想12点で当てるのはやばい!
============

さすが、元厩務員が監修しているサイトだけあって
キングダムの予想の実力は他とはちょっと違うようです。


元厩務員
競馬歴46年

本当のプロ目線だからこそわかることがある・・・

2018年も当然のように好調な万馬券キングダム


今年もフェブラリーSの予想に期待が出来そう!


⇒『キングダム』フェブラリーS情報はこちらから、登録無料です!

キングダム