フラワーカップ2017予想3月20日(祝・月)に行われるフラワーカップ2017の予想です。
フラワーCの出走馬と過去5年の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。
【フラワーC】過去5年の傾向(出馬表から):☆基本的にはスタミナ的な持続力を要求されることが多く、スタミナ型血統(万能型)とパワー型血統を併せ持つしぶとい血統の馬が中心になっています。

ロベルト系ゼンノロブロイ産駒(サンデーサイレンス系)キングマンボ系(ミスプロ系)などがよく走っています。
やはりパワーとスタミナのある血統が良さそうですね。

☆スタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)やスタミナ型ナスルーラ系(大系統)も良いですね。


中山芝1800mの傾向(表):☆日曜日のスプリングS勝利など、ステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)が活躍しています。

ネオユニヴァース(サンデーサイレンス系)の系統も良いですね。

☆母父でグレイソヴリン系がよく走っています。


【現役TM、元厩舎関係者、元騎手などから構成される競馬サイト】が
『フラワーカップ』そして『高松宮記念』の情報を公開!

  ↓  ↓  ↓  ↓
プライドフラワーカップ


◎はディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)のファンディーナ。
母系はPivotal(ヌレイエフ系)×A.P.Indy(ボールドルーラー系)ですから、本質は瞬発力よりもスピードの持続力タイプなのかなと思います。
特にディープインパクト産駒が良いレースではないですが、過去3年の勝ち馬エンジェルフェイス・アルビアーノ・バウンスシャッセには「前走で先行して上がり上位の脚を使って勝っていた大型馬」という共通点があり、ファンディーナも前走4コーナー2番手から上がり最速で1着、馬体重は500kgを超えることから、これに該当しています。

○デアレガーロ。
マンハッタンカフェ産駒(サンデーサイレンス系)で、中山で2戦2勝。
先週の中山牝馬Sで同産駒のクインズミラーグロが好走したことも心強いですね。
この馬は470kg台なので大型馬とは言えないかもしれませんが、前走で先行して上がり上位の脚を使って勝っていたことには当てはまります。

▲サンティール。
ハービンジャー産駒(ダンチヒ系)は昨年ウインクルサルーテが14番人気で3着に好走。
前走の京成杯は出遅れが響きましたが、それほど負けていないように、スタミナの持続力が要求されるレースなら重賞クラスの走りが出来るタイプ。

△ディーパワンサ。
小柄なのは不安ですが、ディープブリランテ産駒(サンデーサイレンス系)は持続力レースの方が向いていることが多く、阪神外回りコース→中山内回りコース替わりは良いかもしれません。

△ドロウアカード。
ダイワメジャー産駒(サンデーサイレンス系)でしっかり先行出来ているのは好感が持てますし、母父がジャングルポケット(グレイソヴリン系)ということでスタミナの裏付けがあるのも良いですね。

△ブライトムーン。
スタートに難はあるものの、持続力はなかなかのものを持っています。
母系はパワーがありますし、パシフィックプリンセスの牝系ですから底力もあると思います。

△ハナレイムーン。
クイーンCは5着でしたが、2戦目での重賞挑戦、メンバーレベルを考えるとよく走った方。
母系はパワーとスタミナどちらも兼ね備えています。

【予想印】
◎ファンディーナ
○デアレガーロ
▲サンティール
△ディーパワンサ・ドロウアカード・ブライトムーン・ハナレイムーン
買い目:◎の単勝と複勝、◎から馬連、◎から3連複


【現役TM、元厩舎関係者、元騎手などから構成される競馬サイト】


競馬サイトを使いたいときは、
そのサイトの構成を公表しているものをおすすめします。

そして、その情報がしっかりしたものであれば、
必然と的中と配当はついてきます。

誰が情報を持ってきているのか公表できないサイトは
怪しいサイトになります。


サイトの構成をしっかりと公表しているもので代表的なものに、
プライドというサイトがあります。→  http://pride-k.com/


プライドは、
現役TMや元厩舎関係者、元騎手など、
全員が元競馬関係者で構成
されていて、
騎手や厩舎関係者、馬主サイドと密着した付き合いを行える者ばかりです。

だからこそ、声を大きくしては言えない事や専門紙には書けない裏情報までも
入手する事が出来ます。

情報収集後、分析を行った上で、更に「プロの予想」による最終精査を行います。

しかし、
専属契約しているプロの予想家/業界関係者は、
他社とは違い、完全出来高制による報酬と3ヶ月で結果が出せなかった場合には
契約を打ち切るシビアな関係なので、プロの予想家も当てないと
仕事が務まりません。

プライドと契約しているプロの予想はコチラから見れます。
→  http://pride-k.com/


他にも、
プライドの独自ルートによる入手情報として、

■持ち時計
「速い時計に対応出来る証明になりますが、
その時と同じデキにあるか?また、その時計が出た時との
馬場やメンバー構成の差により、大きな違いがあります。」

■調教時計
「幾ら調教時計が良くても輸送や本番までキッチリと状態を維持出来ているか?
と言うのが重要になります。目一杯追ったが為に
本番で走らなくなるケースも毎週の様にあります。」

■馬具の着用
「競走馬によっては効果が高いブリンカー。主に試す為には2種類あります。
競走に集中させる為に着用させて競走馬の能力を発揮させるパターン。
そしてもう一つが、とりあえず何か変化を付ける為に着用させるパターンです。
当然前者であれば、結果が出やすく後者ではつけても変化が無い場合が多いのです。」

■乗り替わり
「乗り替わりとは言え、
必ずしも馬主が勝ちに行く為に乗り替わる場合だけでは無いのです。
メインレースで良い騎乗をしてもらう為に、試しとして用意する場合など
馬主の事情や希望によって乗り替わっているケースも多々あります。

■前走好走馬
「一度2着や3着に来ると自然と人気が上がります。
しかし展開に助けられたケース、前走がメイチのデキだったケースも多々あります。」

■前走大敗馬
「前走が大敗であっても落鉄や、不利があった…あるいは叩き台のつもりでの起用など、
大敗の理由が明確で実は実力で負けた訳では無いケースがあります。」

■専門紙のコメント
「馬主の顔色をうかがう為の建前のコメント、
そして建前のコメント以外載せる事が出来ない専門紙の弱み。
ある調教師は「自分の発言以外は載せない様に」と
取材規制を敷いている厩舎も存在します。」


このような、一般では知られていないような要素を盛り込んで、
より本物の情報を入手してきます。

まずはプロの『フラワーカップ』予想を見てみて下さい。
無料でサイトに入れます。
→  http://pride-k.com/
プライドフラワーカップ