函館記念2017予想参考函館記念2017が行われる函館芝2000mの血統データを、予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。
函館芝2000mの傾向を分析することで函館記念の注目馬を探します。
ステイゴールド(サンデーサイレンス系)マンハッタンカフェ産駒(サンデーサイレンス系)が2勝をあげています。
サンデーサイレンス系はこういった機動力タイプか、ハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)などのスタミナタイプが良さそうで、逆に瞬発力などに優れたディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)はまだ勝っていません。

バゴ産駒(ブラッシンググルーム系)や、コンデュイット産駒(ネヴァーベンド系)トニービン(グレイソヴリン系)の系統など、スタミナのあるナスルーラ系(大系統)も好調です。

ノーザンダンサー系(大系統)ではニジンスキー系が好調。
ヴァイスリージェント系もまずまずですね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ■第53回 函館記念(G3)

自信のペナルティ付き!もし、この
  函館記念を3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

荒れるハンデ重賞と言われているように、ここ10年でも1人気の勝利馬がゼロ。人気馬の成績では、1人気[0.2.0.8]、2人気[2.0.2.6]、3人気[3.0.0.7]となっている。平均配当は、馬連8200円、3連複2万0760円、3連単16万4440円と波乱が多い。

昨年のケイティプライド(13人気2着)を筆頭に、二桁人気馬の伏兵が4頭も連絡みしている。3連単では10万馬券以上が7回も出ているように真夏の荒れるハンデ重賞だ。

暑さに弱い競走馬にとって夏場は体調の変化が大きく、能力通り力を発揮できない人気馬が凡走するケースが多く見られる。また、北海道は気候が涼しく暑さに弱い馬は北海道に来てから馬が激変する事も多くあり、近走の成績が悪くても体調面の変化で人気薄が好走し高配当馬券を演出している。

また、洋芝適性が一番の好走条件となるだろう。一度も洋芝を走っていないが、「洋芝適性があるので連れてきた」と厩舎関係者は北海道の洋芝に適性があると見込んで連れてくる勝負馬も多い。時計が掛かり力のいる馬場となる北海道の洋芝に適性があるかないかで結果は大きく左右される。

北海道にも現地スタッフを多数送り込んでいる競馬セブンでは「北海道入りしてから馬が変わった。今のデキなら勝てる」とV宣言を出している陣営の勝負情報を入手済。さらに、近走の成績からも人気にならないであろう、とある陣営が「今回は買ってもいい」と馬券のゴーサインを出している勝負馬がスタンバイ。今年も波乱必至のハンデ重賞を競馬セブンは少点数で仕留めます!

先日の函館スプリントSでは◎ジューヌエコール(3人気)から馬連3090円ズバリ的中!ユニコーンSも◎サンライズノヴァから馬連2860円ズバリ的中とダブル重賞獲り!

競馬セブン 春のGIでは
高松宮記念   馬連2150円的中 3連複3230円的中
大阪杯     馬連2320円的中 3連複4830円的中
皐月賞     馬連8710円的中
NHKマイルC 馬連1万7290円的中 3連複5万0600円的中
オークス   3連複4600円的中
安田記念    馬連1万0480円的中
馬連万馬券2本を含む万券3発!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『函館記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ■第53回 函館記念(G3)

自信のペナルティ付き!もし、この
  函館記念を3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

競馬セブン函館記念