6月17日(日)に行われる函館スプリントステークス2018の追い切り情報です。


過去3年の1〜3着馬の最終追い切りはこちら


2017年
1着ジューヌエコール 函館芝 併せ先着
67.6-50.1-36.5-11.8

2着キングハート 函館W 単走
66.9-52.2-38.7-13.0

3着エポワス 函館芝 併せ遅れ
67.0-50.6-36.9-12.2


2016年
1着ソルヴェイグ 函館W 併せ先着
70.2-54.9-40.6-12.8

2着シュウジ 函館芝 単走
61.8-47.1-34.9-11.4

3着レッツゴードンキ 函館W 単走
71.6-56.2-39.3-12.1


2015年
1着ティーハーフ 函館W 単走
68.6-54.0-39.4-12.4

2着アースソニック 函館W 単走
70.5-55.3-39.9-13.8

3着レンイングランド 函館W 併せ先着
67.5-52.1-38.3-12.7


先週は騎手情報馬ゴムマリが1着となり32万円の払い戻しとなり競馬ブログランキングも4位に上昇!
今週は『騎手情報馬』『厩舎情報馬』の出走週となります。



ウッドコースで追いきった馬が多くなっています。
芝の場合は併せ馬の方が良いかもしれません。


☆函館スプリントSの出走予定馬で函館ウッドコースで追い切ったのはこの馬たち。

キングハート 函館W 併せ先着
73.4-58.2-42.8-14.0

セイウンコウセイ 函館W 単走
67.3-52.9-38.8-12.9

タマモブリリアン 函館W 単走
69.1-53.8-39.6-13.2

ティーハーフ 函館W 単走
70.8-54.7-40.6-12.6

ノットフォーマル 美浦南W 単走
68.6-53.4-39.8-13.2

ヒルノデイバロー 函館W 併せ同入
67.1-51.5-37.9-13.1

ラインミーティア 美浦南W 単走
53.8-39.1-12.8


☆芝コースで併せ馬で追い切ったのはこの馬たち。

アドマイヤゴッド 函館芝 併せ遅れ
67.3-51.9-37.5-11.9

ジューヌエコール 函館芝 併せ先着
66.7-50.5-36.3-11.8

ワンスインナムーン 函館芝 併せ先着
66.7-50.3-36.0-11.5



函館スプリントSの追い切りからの注目馬は⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。



シンクタンク:函館スプリントS300_250

□■□■□■□■□■□■□■□■□

  第25回 函館スプリントS(G3)

 先着100名様!万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開

  →ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

すっかりお馴染みとなった夏競馬の風物詩・サマースプリントシリーズの初戦となる函館スプリントS。昨年は高松宮記念の覇者セイウンコウセイが参戦したが、過去にもキンシャサノキセキ、カレンチャン、ロードカナロア、ストレイトガール、コパノリチャードなどなど、数多くのGI馬たちが出走しており、単なるローカル重賞と侮ることができない重要な1戦となっている。

しかし、過去10年で1番人気は3勝しかしておらず、特に近5年は全て着外と大不振。別定戦ということもあって実績馬が斤量を背負うことも確かだが、洋芝で小回りコースという特殊条件なだけに、好走するには実力以外の要素も必要となってくるのだ。

特に注目すべきは過去10年で牝馬が5勝2着2回と大活躍していること。ここ2年は3歳牝馬が連勝しているが、どちらも50キロという軽斤量の恩恵があった。しかし、単に「3歳馬だから」「牝馬だから」「軽量馬だから」という理由だけで的中を掴めるほど単純なレースではないことも同時に確かである。

万馬券決着が恒例で、近10年で10万馬券決着が6回もある馬券的には難解に見えるレースだが、当社シンクタンクは昨年の函館スプリントSで【3連単5万5520円、3連複1万3120円、馬連3090円】と3馬券種完全的中をお届けしている。北海道シリーズが開幕すると、取材箇所の増加に伴い人手不足、取材不足となる一般マスコミを尻目に、変わらず情報を収集できる情報網を確保しているからこそ、情報通りに馬券的中を仕留めることが出来るのだ。

今週は特別も特別、シンクタンクの情報を初めてご利用頂く先着100名様に限り、函館スプリントSの【3連単勝負馬券】や、元騎手・元調教師を始めとした当社情報ルートが競馬関係者から入手した情報の一部を無料公開させていただく。このチャンスを、是非とも逃さないで頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  第25回 函館スプリントS(G3)

 先着100名様!万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開

  →ココをクリック!