阪神カップ2017予想12月23日(祝・土)に行われる阪神カップ2017の予想です。
阪神Cの出走馬と過去5年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。
【阪神C】過去5年の傾向(出馬表から):☆フジキセキ(サンデーサイレンス系)の系統が2年連続で好走しています。
※今年の出走馬では、イスラボニータ・シュウジが該当します。


フジキセキダイワメジャー産駒(サンデーサイレンス系)といったスピード型サンデーサイレンス系は、1600m以上の距離に実績のあるタイプの方が良さそう。


ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)もよく走っています。
このようなスタミナのあるタイプのサンデーサイレンス系種牡馬の産駒は、1400m以下の距離に実績のあるタイプが良さそうです。


☆5代以内にセントサイモン系(大系統)の血統を持つ馬がよく走っているので、この血統には注目したいですね。



阪神芝1400mの傾向(表):☆ロードカナロア産駒(ミスプロ系)ルーラーシップ産駒(ミスプロ系)など、キングマンボ系(ミスプロ系)が好調です。
阪神Cの出走馬では、シュウジの母父がキングマンボです。


トニービン(グレイソヴリン系)の系統も良いですね。



有馬記念を当てるなら、今年の中山競馬場で当てまくっているサイトを見れば良いのでは?
それが、このサイト⇒『俺の競馬』




◎はダイワメジャー産駒(サンデーサイレンス系)の、この馬⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。
阪神芝1400mはフィリーズレビューで2着に好走。
前走のマイルチャンピオンシップでは先行勢で唯一粘ったと言っても良いですし、もう少しスムーズだったらさらに良い結果になったのではないかと思わせる内容でした。
基本的には強気の競馬で良さの出るタイプなので、1600m→1400mへの距離短縮は鞍上も不安が少なく攻めて行けると思いますし、それが出来ればこのメンバーに入っても勝つチャンスはあると思います。
また、パワーのあるタイプなので、京都→阪神替わりも良いはずです。


○モズアスコット。
Frankel産駒(サドラーズウェルズ系)
直線で他の馬が速い脚を使っているところで楽にそれ以上の脚を使えているので、馬群を割ってくることも出来る。
ペース経験はありますし、相手強化でも通用する力はあると見ました。


▲キャンベルジュニア。
Encosta De Lago産駒(ノーザンダンサー系)
前走のスワンSは休み明けに道悪、直線でも少し狭くなるなど、大敗も仕方なしという感じ。
スピードはあるので1400mは良いですし、パワーのある持続力タイプなので急坂阪神の内回りコースというのは良い条件だと思います。


△イスラボニータ。
フジキセキ産駒(サンデーサイレンス系)
昨年の2着は直線早め先頭からほぼ勝ちに等しい内容で、適性面でも問題はない。
前走のマイルチャンピオンシップ5着にしても脚を出し切れなかったもので、大きな力の衰えは感じない。
特に何かを嫌ってのものではなく、他に魅力的な馬がいるので4番手の評価になっただけで、今年ももちろん有力。


△サングレーザー。
1400m実績のあるディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)ですから、レース傾向に合っていると思います。
母の血統から1400mの方が良いですし、パワーもあるので阪神の方が良い。
それでも京都1600mのマイルチャンピオンシップで好走できたということは、能力の高さと今の充実ぶりを現していると思います。


△ダンスディレクター。
一昨年2着、昨年も0.1差の4着と悪くない内容。
母父がサンデーサイレンスということで1200mよりもゆったりと脚を溜め気味に運びことの出来る1400mの方が力を出しやすいと思います。


△アポロノシンザン。
サクラバクシンオー産駒(プリンスリーギフト系)
血統からは粘りがなさそうに感じますが、実際は阪神の1400mでも強い競馬を見せていますし、今の充実度なら侮れないですね。


【予想印】
最強競馬ブログランキングで公開中です。
○モズアスコット
▲キャンベルジュニア
△イスラボニータ
△サングレーザー
△ダンスディレクター
△アポロノシンザン
買い目:◎○▲の単勝、◎から馬単・3連単マルチ


PR【結果が命!】中山芝、最強のサイト!


有馬記念を当てたいなら、去年有馬記念を当てたサイトを見る?

それもありますが、
今年の12月に中山芝で当てまくっている、結果をだしているサイトの予想を見てみてください!


3連単は36点程度、2週連続で無料予想も的中!
今、予想が絶好超のサイトです!

そして、
人数限定!【有馬記念】1度限りの全返還保証での予想提供!
リスクがない!

定員は45名です!コチラ!↓