阪神大賞典2017予想3月19日(日)に行われる阪神大賞典2017の予想です。
阪神大賞典の出走馬と過去5年の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。
【阪神大賞典】過去5年の傾向(出馬表から):☆トニービン(グレイソヴリン系)の血統を持つ馬が活躍しています。
ハーツクライ(サンデーサイレンス系)アドマイヤドン(ミスプロ系)の母父もトニービンです。

サドラーズウェルズ系のようなスタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)も良いですね。
昨年2着のタンタアレグリアも母系にサドラーズウェルズの血統を持っていました。

☆2400m以上の長距離実績があった方が安心感があります。


土曜阪神芝コースの傾向(表):☆ダンチヒ系が好調でした。

ハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)ディープインパクト(サンデーサイレンス系)の系統も良いですね。


【現役TM、元厩舎関係者、元騎手などから構成される競馬サイト】が
『阪神大賞典』の情報を公開!

  ↓  ↓  ↓  ↓
プライド阪神大賞典


◎はハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)のシュヴァルグラン。
昨年の勝ち馬なので適性は十分。
父の母父がスタミナ的な持続力に優れたトニービン(グレイソヴリン系)ですから、3000mという距離は良いですし、阪神大賞典の好走血統でもあります。
母父がMachiavellian(ミスプロ系)なのでスピード負けもしないですし、機動力もあるので阪神内回りコースというのも合っているのだと思います。
サトノダイヤモンドは強いですが、適性ならこちらの方が上だと思いますし、特殊な条件なのでチャンスが生まれる可能性もあるのではないでしょうか

○サトノダイヤモンド。
父ディープインパクト(サンデーサイレンス系)×母父Orpen(ダンチヒ系)という血統からは、ステイヤーだとは思えないのですが、操縦性が良く、たぶん道中で無駄なことをしないので距離も持ってしまうタイプ。
菊花賞は勝っていますが、京都の3000mより阪神の3000mの方がスタミナレースになる可能性はあるので、そうなった時にどうなるか。

▲トーセンバジル。
今阪神開催の重賞レースは4レース中3レースで父ノーザンダンサー系(大系統)が勝っており、ハービンジャー産駒(ダンチヒ系)というのは良いと思います。
昨秋のレースからも成長が見られましたし、スタミナレースにあれば出番はあるはず。

△スピリッツミノル。
母父ラムタラ(ニジンスキー系)でスタミナあり。
少頭数も距離ロスが少なくなるという点では悪くなさそう。

△タマモベストプレイ。
レースで安定して能力を発揮できるタイプなので、マークが薄くなれば好走できる。

【予想印】
◎シュヴァルグラン
○サトノダイヤモンド
▲トーセンバジル
△スピリッツミノル・タマモベストプレイ
買い目:◎の単勝と複勝、◎から馬単マルチ、◎○2頭軸3連複
◎から3連単マルチ


【現役TM、元厩舎関係者、元騎手などから構成される競馬サイト】


競馬サイトを使いたいときは、
そのサイトの構成を公表しているものをおすすめします。

そして、その情報がしっかりしたものであれば、
必然と的中と配当はついてきます。

誰が情報を持ってきているのか公表できないサイトは
怪しいサイトになります。


サイトの構成をしっかりと公表しているもので代表的なものに、
プライドというサイトがあります。→  http://pride-k.com/


プライドは、
現役TMや元厩舎関係者、元騎手など、
全員が元競馬関係者で構成
されていて、
騎手や厩舎関係者、馬主サイドと密着した付き合いを行える者ばかりです。

だからこそ、声を大きくしては言えない事や専門紙には書けない裏情報までも
入手する事が出来ます。

情報収集後、分析を行った上で、更に「プロの予想」による最終精査を行います。

しかし、
専属契約しているプロの予想家/業界関係者は、
他社とは違い、完全出来高制による報酬と3ヶ月で結果が出せなかった場合には
契約を打ち切るシビアな関係なので、プロの予想家も当てないと
仕事が務まりません。

プライドと契約しているプロの予想はコチラから見れます。
→  http://pride-k.com/


他にも、
プライドの独自ルートによる入手情報として、

■持ち時計
「速い時計に対応出来る証明になりますが、
その時と同じデキにあるか?また、その時計が出た時との
馬場やメンバー構成の差により、大きな違いがあります。」

■調教時計
「幾ら調教時計が良くても輸送や本番までキッチリと状態を維持出来ているか?
と言うのが重要になります。目一杯追ったが為に
本番で走らなくなるケースも毎週の様にあります。」

■馬具の着用
「競走馬によっては効果が高いブリンカー。主に試す為には2種類あります。
競走に集中させる為に着用させて競走馬の能力を発揮させるパターン。
そしてもう一つが、とりあえず何か変化を付ける為に着用させるパターンです。
当然前者であれば、結果が出やすく後者ではつけても変化が無い場合が多いのです。」

■乗り替わり
「乗り替わりとは言え、
必ずしも馬主が勝ちに行く為に乗り替わる場合だけでは無いのです。
メインレースで良い騎乗をしてもらう為に、試しとして用意する場合など
馬主の事情や希望によって乗り替わっているケースも多々あります。

■前走好走馬
「一度2着や3着に来ると自然と人気が上がります。
しかし展開に助けられたケース、前走がメイチのデキだったケースも多々あります。」

■前走大敗馬
「前走が大敗であっても落鉄や、不利があった…あるいは叩き台のつもりでの起用など、
大敗の理由が明確で実は実力で負けた訳では無いケースがあります。」

■専門紙のコメント
「馬主の顔色をうかがう為の建前のコメント、
そして建前のコメント以外載せる事が出来ない専門紙の弱み。
ある調教師は「自分の発言以外は載せない様に」と
取材規制を敷いている厩舎も存在します。」


このような、一般では知られていないような要素を盛り込んで、
より本物の情報を入手してきます。

まずはプロの『阪神大賞典』予想を見てみて下さい。
無料でサイトに入れます。
→  http://pride-k.com/
プライド阪神大賞典