香港ヴァーズ2017予想12月10日(日)に行われる香港ヴァーズ2017の予想です。
発走予定時刻は日本時間15時00分です。
香港ヴァーズの出走馬と過去3年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。
※気をつけてはいますが間違いがある可能性もありますので、血統や馬名、馬番は主催者発表のものをご確認下さい。


【香港ヴァーズ】過去5年の傾向(出馬表から):☆ノーザンダンサー系(大系統)率が高く、ダンチヒ系サドラーズウェルズ系が双璧です。


☆昨年は日本馬のサトノクラウンが勝っています。



PR.『競馬大陸』無料登録は30秒で完了!
34週連続的中!利益に特化した無料情報を毎週公開中!
⇒ https://www.kb-tairiku.net



◎はMedaglia d'Oro産駒(サドラーズウェルズ系)のタリスマニック。
サドラーズウェルズ系は香港ヴァーズの好走血統。
母父がMachiavellian(ミスプロ系)ということで、スピードと器用さあり。
実際に前走のブリーダーズカップターフでは内を進み、最終コーナー〜直線入り口で上手く外目に持ち出すという器用なレース運びを見せていました。
今回も最内枠を活かすことができるのではないでしょうか。
最強競馬ブログランキング


○ティベリアン。
父ダンチヒ系で、母父のMarju(ノーザンダンサー系)は昨年の勝ち馬サトノクラウンの父。
血統的にかなり面白い1頭だと思います。
ペリエ騎手というのも怖いですね。


▲ハイランドリール。
父Galileo(サドラーズウェルズ系)×母父デインヒル(ダンチヒ系)で血統はピッタリ、2015年1着、2016年2着。


△トーセンバジル。
ハービンジャー産駒(ダンチヒ系)
格的にはさすがに少し落ちることと、どういう競馬をするのか読みにくいので重い印は打ちませんでしたが、血統的には好走できるタイプだと思います。


△キセキ。
ルーラーシップ産駒(ミスプロ系)
非ノーザンダンサー系(大系統)ですが、ルーラーシップ産駒はキレ味を武器にしているわけではないので、香港がマイナスになるということもなさそう。
能力を考えると圧勝があっても不思議はないですが、順調さを欠いたことはやはり不安。


【予想印】
◎タリスマニック
○ティベリアン
▲ハイランドリール
△トーセンバジル
△キセキ
買い目:◎○▲の単勝、馬単・3連単ボックス


PR【1人残らず稼がせる!】

たくさん予想サイトがあるけど、これを見れば一発。
1人残らず稼がせる。
こう断言できるのは、そうやってきたから。
どこぞのわからない的中画像じゃなく、この写真を証拠として出します。

【クリックして大画面】↓
競馬大陸

『競馬大陸』無料登録は30秒で完了!
34週連続的中!利益に特化した無料情報を毎週公開中!
⇒ https://www.kb-tairiku.net