ホープフルステークス2018が行われる中山芝2000mの血統データを、予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。
ホープフルステークス2018予想参考
中山芝2000mの傾向を分析することでホープフルSの注目馬を探します。
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)ハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)が2勝しています。
※ホープフルSの登録馬ではヴァンドギャルドがディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
アドマイヤジャスタがハーツクライ(サンデーサイレンス系)の系統です。



ステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統も良いですね。



☆他ではパワーのあるロベルト系の活躍も目立っています。
※ホープフルSの登録馬で父か母父がロベルト系なのはクリノガウディー・コパノマーティン・タニノドラマ・ハクサンタイヨウ。


こちらの記事もオススメ


先週の有馬記念は予告通りの倍額勝負で9番人気のシヴァルグランのワイド1点指示で41万円の払い戻し!
先週は土曜日には34万馬券的となり中、1週間で約180万円獲得となりました。
今週は倍額勝負のホープフルステークスと倍額勝負レースの提供週となります。



□■□■□■□■□■□■□■□■□

   第35回 ホープフルS(GI)

   サートゥルナーリアの首を
    狙う激走穴馬が!?
好配当を狙い撃つ!1点を無料公開

    →ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年からGIに昇格し、翌年のクラシック戦線を占う上でも、更に重要度を増したホープフルS。牡馬クラシック初戦の皐月賞と同じ中山芝2000mの舞台で行われることもあって、各陣営にとって”使う意図”がどこにあるのかを把握することも重要となる。第一に「なぜ、朝日杯FSを選択せずココを使うのか」という点。第二に「日本ダービーの舞台とは直結しないこのレースを使う意義」。これらを引っ括めて、ノーザンファームを筆頭とする社台グループの使い分けなど、注目すべき点が多々ある。

こうした思惑は、基本的に門外不出の内部情報。一介の記者や競馬ファンのレベルで網羅することは、ほぼ不可能に等しい。そして、キャリアの浅い2歳戦はデータの絶対数が少なく、関係者の間では『情報が命』と呼ばれているように、馬券を攻略するには情報力が普段以上に重要となる。

事実、業界最高峰の情報網・情報力を持つ弊社シンクタンクは、去年も阪神JF、朝日杯FS、ホープフルSの2歳GI3レース全てで的中をお届けしており、今年も阪神JF、朝日杯FSで情報通りの的中。その他、2歳重賞から数々の的中をお伝えしてきた。

無論、今年もホープフルSで的中を掴むべく、あらゆる関係者から内部情報を入手できる態勢が整っている。関係者の間で『確勝級』と目される強力情報馬だけでなく、密かに盛り上がっている『激走穴馬』の存在も把握している。『2歳戦は情報が命』を体感して頂くために、今週はシンクタンクを初めてご利用頂く方に限りホープフルSの【◎−穴・1点馬券】を無料公開させて頂く。【本物の情報】で馬券的中を掴み、快く年明けの金杯を迎えて頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

   第35回 ホープフルS(GI)

   サートゥルナーリアの首を
    狙う激走穴馬が!?
好配当を狙い撃つ!1点を無料公開

    →ココをクリック!

シンクタンク:ホープフルS300_250