日本ダービー2018が行われる東京芝2400mの血統データを、予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。
日本ダービー2018予想参考

東京芝2400mの傾向を分析することで日本ダービーの注目馬を探します。
☆先週同じコースで行われたG1オークスは父キングマンボ系(ミスプロ系)が1着2着でした。
※日本ダービーの出走馬では、コズミックフォース・サンリヴァル・ステルヴィオの父が、
キタノコマンドール・ステイフーリッシュ・ブラストワンピース・ワグネリアンの母父がキングマンボ系(ミスプロ系)です。



☆オークスの前のレースではディープインパクト(サンデーサイレンス系)の系統が1〜3着を独占しました。
やはりこの系統も悪くないですね。
※日本ダービーの出走馬ではキタノコマンドール・ダノンプレミアム・ワグネリアンがディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)です。



トニービン(グレイソヴリン系)の血統にも注意した方が良さそう。
ハーツクライ(サンデーサイレンス系)ルーラーシップ(ミスプロ系)の母父もトニービン(グレイソヴリン系)です。
※日本ダービーの出走馬では、アドマイヤアルバ・オウケンムーン・グレイル・ゴーフォザサミット・サンリヴァル・タイムフライヤーがトニービン(グレイソヴリン系)の血統を持っています。



サンデーサイレンス系ではステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統も良いですね。
※日本ダービーの出走馬では、エタリオウ・エポカドーロ・ステイフーリッシュがステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統です。


先週のオークスは予告通りに1点的中!先週は3戦3勝で65万円獲得となりました。
今週のダービーは倍額勝負レースとなり、オークス以上の高配当を狙っていただきます。
競馬ブログはベスト10を維持継続中!




□■□■□■□■□■□■□■□■□

   第85回 日本ダービー(GI)

 先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎−穴1点馬券】を特別無料公開

   →ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

皐月賞は7番人気馬エポカドーロが制し、2着は9番人気のサンリヴァルで、3連単の配当は【37万2080円】と波乱の決着に。「最終週に雨が降って馬場が悪化した影響が大きかった。皐月賞の結果がそのままダービーに直結するとは思わない」と関係者は口を揃えており、今年の日本ダービーはますます混戦の様相を呈してきたと言えるだろう。

そして今回、皐月賞馬・エポカドーロ以上に注目を集めるのは、皐月賞に出走していれば1番人気濃厚だった、無敗の2歳王者ダノンプレミアムだろう。挫石でレース回避が決まった後、ほぼ2週間、馬房から出すことができなかった調整過程を考えれば、今回は決して順調なローテーションとは言えない。それでも、時計を出し始めてからは流石の動きを披露している。

かつて、フェノーメノ陣営が「本当は自信があったがプレッシャーをかけないように煙幕を張った」とレース後に関係者に明かしていたように、大レースになればなるほど、各陣営の本音は表に出づらくなる。ホースマンが誰しも憧れる日本ダービーの大舞台であれば、表に出ないような陣営の本音が、いつも以上に多く存在するのは間違いないだろう。

競馬関係者の裏の裏まで知ることができるのは、当社シンクタンクには、これまでサクラローレル、サクラバクシンオーなど数々のGI馬を育てた境勝太郎元調教師や、“関西のドン”として知られた柳田次男元調教師といった競馬界のレジェンド達が情報ルートとして在籍し、現在もハイセイコーの主戦騎手を務めた増沢末夫元調教師を筆頭に、史上最強馬との呼び声も高いマルゼンスキーの主戦騎手を務めた中野渡清一元騎手、伝説の名馬サクラスターオーを手がけた平井雄二元調教師といった業界最高峰と言われる人脈と情報力を擁しているからこそ。

ある大物関係者は「今年のダービーはまず荒れる」と断言しているだけでなく「これは本当にオフレコ情報なのだが、○○○○○○○○陣営が実は……」という、とんでもない強力情報も既に掴んでいる。レースそのものはもちろん、馬券的にも非常に妙味のある1戦となったのは間違いない。

本来であれば、日本ダービーの関係者情報を無料で提供することはないが、今回は特別も特別、弊社の情報を初めて入手される方に限り、日本ダービーの【◎−穴1点馬券】の情報を先着100名様限定で特別無料公開することが決定した。競馬の祭典である日本ダービーの馬券を購入される方は、是非とも”本物の関係者情報”を味わって頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

   第85回 日本ダービー(GI)

 先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎−穴1点馬券】を特別無料公開

   →ココをクリック!

シンクタンク:日本ダービー300_250