5月26日(日)に行われる日本ダービー2019の予想です。
日本ダービー2019予想
日本ダービーの出走馬と過去5年の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。
★【日本ダービー】過去5年の傾向

☆昨年はサンデーサイレンス系×ミスプロ系配合の馬が1〜3着を占めました。
※今年の出走馬ではサートゥルナーリア・タガノディアマンテ・ランフォザローゼス・レッドジェニアルが該当します。


サンデーサイレンス系と、ミスプロ系やパワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)というスピードのある血統との配合が良さそうですね。


サンデーサイレンス系の中ではディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)ミスプロ系の中ではキングカメハメハ(ミスプロ系)の活躍が特に目立っています。


☆やはり現役時代にダービーで好走した馬の血統が強いです。


ロベルト系の好走も多くなっています。


★東京芝2400mの傾向
日本ダービー2019予想参考東京芝2400m

ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)は3勝。
土曜日のレースでも2着3着に来ています。
先週のオークスでは父ディープインパクト(サンデーサイレンス系)×母父ストームバード系配合馬が1着2着でした。
※日本ダービーの出走馬ではサトノルークス・ダノンキングリー・メイショウテンゲン・ロジャーバローズがディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
ダノンキングリーが父ディープインパクト(サンデーサイレンス系)×母父ストームバード系配合です。


サンデーサイレンス系ではハーツクライ(サンデーサイレンス系)の系統や、ステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統もよく走っています。


トニービン(グレイソヴリン系)ブラッシンググルーム系といったスタミナのあるナスルーラ系(大系統)も好調です。


ジャングルポケット(グレイソヴリン系)カンパニー(グレイソヴリン系)トニービン(グレイソヴリン系)の系統ですし、ハーツクライ(サンデーサイレンス系)ルーラーシップ(ミスプロ系)は自身の母父がトニービン(グレイソヴリン系)です。


日本ダービーの結論!馬主×廐舎×騎手のスゴイ裏情報を無料公開



◎は父ディープインパクト(サンデーサイレンス系)×母父Storm Cat(ストームバード系)のこの馬⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。
追い切りは美浦南P 69.6-54.0-39.4-12.8 併せ先着
ポリトラックで追い切るのは皐月賞と同じパターン。
その皐月賞ではサートゥルナーリアとヴェロックスが外から伸びてきたのに対して、こちらは内から抜けてくる競馬で3着。
内を回ったことで距離ロスを抑えることは出来たものの、皐月賞当日の中山競馬場は直線強めの追い風が吹いていたので4コーナー〜直線で外を回しても勢いをつけて風を利用できる状況。
上位2頭は外から勢いをつけて追い風を利用出来ましたが、こちらはそれが出来ず純粋な瞬発力だけで内を抜けてきた。
距離の差もあるのでどちらが有利だったとは言い切れませんが、この馬が見せた瞬発力は直線の長い東京で行われるダービーで武器になることは間違いない。
マイラーっぽさがあることは否定できないので道中リラックスして進めることが課題。
ただ、スピード寄りの血統は今の東京の馬場に合っていますし、父ディープインパクト(サンデーサイレンス系)×母父ストームバード系という配合も先週のオークスで1着2着。
道中の運びさえ上手くいけばスピード寄りの血統もプラスに出来るので、そこに期待したいと思います。


○サートゥルナーリア
ロードカナロア産駒(ミスプロ系)
追い切りは栗東CW 83.1-67.2-52.3-38.1-11.6 併せ先着
追い切りは皐月賞の時よりも時計を詰めてしっかり攻めてきた感じですね。
皐月賞からもう1つ上の力を出してきても不思議はないですし、そうなってくると適性云々関係なく勝つだろうなと思えるくらいの器の馬。
皐月賞では追い風も上手く利用して持続力を発揮することが出来た。
総合力の高さで勝負するタイプで、どちらかと言えば持続力レースの方が向いているとは思うのですが、2歳時には馬群で脚を溜めて抜け出す競馬を多くやっていて、その内容からは瞬発力もトップクラスにあることがわかる。
単純な瞬発力比べになれば本命馬にやられる可能性はありますが、底力勝負に持ち込めば2冠の可能性は高くなる。


▲リオンリオン
父ルーラーシップ(ミスプロ系)×母父クロフネ(ヴァイスリージェント系)
追い切りは栗東CW 83.4-66.9-51.7-37.3-12.0 併せ同入
ルーラーシップ産駒(ミスプロ系)はレコード決着になった昨秋のジャパンカップでキセキが2着に好走。
今東京開催のヴィクトリアマイルをレコード勝ちしたノームコアの母父はクロフネ(ヴァイスリージェント系)と、父・母父ともに高速決着に対応出来る血統となっています。
大寒桜賞で速い上がりを使っていることから、末脚の速さもある程度のレベルまでなら大丈夫。
後続を引きつけすぎず距離を上手く取りながら進めることが出来れば面白い。


△ヴェロックス
ジャスタウェイ産駒(サンデーサイレンス系)
追い切りは栗東CW 82.9-67.2-52.3-38.4-11.4 単走
レース後半のスピード持続力はかなり高いレベルにある馬。
ただ、阪神外回りコースの野路菊S2着、東京の東京スポーツ杯2歳S4着と直線の長いコースではいまいちの結果になっている。
若干溜めが利きにくい面も見られることからも、末脚勝負ではパフォーマンスを落とすタイプなのかもしれない。
そのため展開や仕掛けのタイミング、他馬の出方などいろいろなことが重ならないと勝ちきるのは難しいのかなと感じるが、それでも能力の高さで大きく崩れることもなさそう。


△シュヴァルツリーゼ
ハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)
追い切りは美浦南W 55.4-40.2-13.0 併せ先着
まだ完成度が低く皐月賞では集中して走れていなかった。
ただ、東京の新馬戦で見せた末脚は強烈で、それはここに入ってもトップクラスのもの。
中山から東京に替わることも良く、本気で走ってくることに賭けても良い場面だと思います。


△ランフォザローゼス
キングカメハメハ産駒(ミスプロ系)
追い切りは美浦南W 56.1-41.0-13.2 併せ同入
新馬戦では瞬発力レースで勝利。
前走の青葉賞以上の走りをする必要はあるが、祖母エアグルーヴ、母父ディープインパクト(サンデーサイレンス系)という超良血でダービー適性もあることからその期待も出来る。
内のヴェロックスの後ろをついて行くような競馬が出来れば最後まで楽しめそう。


△クラージュゲリエ
キングカメハメハ産駒(ミスプロ系)
追い切りは栗東CW 98.8-67.5-52.4-38.8-12.0 併せ先着
母父はタニノギムレット(ロベルト系)なので、父・母父ともにダービー馬という血統。
共同通信杯でキレ負けしたことは気になるものの、当時は大幅馬体重増もあった。
今回はそこから3戦目になりますし、皐月賞では道中の行きっぷりも良くなっており、今ならああいうことにはならないはず。
それでも待ってのキレ味勝負では分が悪いので、捲っていって直線先頭くらいの強気な競馬を見てみたい。


【予想印】
最強競馬ブログランキングで公開中です。
○サートゥルナーリア
▲リオンリオン
△ヴェロックス
△シュヴァルツリーゼ
△ランフォザローゼス
△クラージュゲリエ
買い目:◎○▲の単勝、◎と○からワイド
◎から3連単マルチ、○から3連複


PR.先週はオークスと平安Sをダブル的中!
今もっとも登録しておきたいサイト『TAZUNA(たづな)』


なぜ、今もっとも登録しておきたいサイトに
『TAZUNA(たづな)』が選ばれているのか?

それはよく当たっているから

これ以上に説得力のある理由ってないですよね(笑)
⇒『TAZUNA(たづな)』への無料会員登録はこちらから

春競馬はこのサイトを利用することが近道になるかもしれません。


先週の重賞レースも
オークスと平安ステークスをダブルで的中
TAZUNAオークス的中

TAZUNA平安S的中
買い目は3連単でたったの16点ですからね!
予想に自信があるからこその買い目の少なさだと思います。

これは有料プランではあったのですが、
このプランは毎週のように当たっているので
空き枠があったら僕もすぐに予約するようにしています。

ちなみに、土曜日の葵ステークスも的中しています。


ここでもう一度、
今『TAZUNA(たづな)』に登録した方が良さそうと思う理由。。。

それはよく当たっているから

これ以上に重要なことってないですよね!?
多くの方が「今もっとも登録しておきたいサイト」と言っているのも納得だと思うのですが
どうでしょうか?


今無料登録をすれば、今週の日本ダービーの情報はもちろん
毎週予想レースを無料で配信してくれます。


無料登録に必要なのはメールアドレスのみ。

今週から『TAZUNA(たづな)』の実力を体験したい方はこちらからサイトに行って無料登録をしてみてください。
⇒『TAZUNA(たづな)』への無料会員登録はこちらから

TAZUNA日本ダービー