6月17日(土)に行われるジューンステークス2017の予想です。
ジューンステークス2017予想
ジューンSの過去3年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめています。
ジューンSの過去3年の傾向(表):☆ロベルト系が2年連続で好走しています。

トニービン(グレイソヴリン系)サドラーズウェルズ系も走っているように、キレ味よりも持続力などスタミナ的なものが重要なレースだと考えられます。


東京芝2000mの傾向(表):☆ステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)が5勝と大活躍しています。

ハービンジャー産駒(ダンチヒ系)も3勝と好調ですね。

トニービン(グレイソヴリン系)の系統も好調で、この血統を持つハーツクライ(サンデーサイレンス系)の産駒もよく走っています。

☆先週のレースでは母父ロベルト系が1〜3着を占めていたので、この系統にも注目したいですね。


先週11日、阪神1Rで3,469,950円もの大金を一瞬で手に入れた予想がある!
⇒ http://pride-k.com/


◎は父がステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統で、母父がロベルト系のヴォージュ。
どちらもこのコースで好走している血統。
レース傾向にも合っていますし、今回も期待できるのではないでしょうか。

○ブラックバゴ。
母父がステイゴールド
スタミナ寄りのレースであれば東京でも好走できますし、傾向からは今回も好走できるタイプのレースになる可能性がある。

▲ドレッドノータス。
ハービンジャー産駒(ダンチヒ系)は今開催で好調。
昨年のこのレースではメイショウサムソン産駒(サドラーズウェルズ系)が勝っていることから、ハービンジャー産駒のこの馬にもチャンスはありそう。

△サトノスティング。
母父がロベルト系で、レース傾向・開催傾向どちらからも要注意。

△トーセンマタコイヤ。
△プロディガルサン。
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)は特に良いわけではないですが、悪くもない。
特にトーセンマタコイヤはスタミナ寄りの流れになったアメジストSでブラックバゴに先着していることからも軽視しない方が良いと思います。


【予想印】
◎ヴォージュ
○ブラックバゴ
▲ドレッドノータス
△サトノスティング・トーセンマタコイヤ・プロディガルサン


【穴馬は、当てれる!】



先週11日、阪神1Rで3,469,950円もの大金を一瞬で手に入れた予想がある!

1Rと言ったら、発走時間午前9:55。
朝一からとんでもない金額を手に入れて、もし競馬場にいるものなら、
重賞は見たいとか贅沢言わずに、早く換金して家に持ち帰った方が身の安全だ。

とは言いつつも、実際にその的中をだしたのは遠藤真吾。
騎手として現役で活躍していた方です。
⇒ http://pride-k.com/

※アドレス送信後、返信メールのURLをクリックでサイトに入れますが、
たまに返信メールが迷惑メールフォルダに入りますので、確認忘れがないようにしてください。


その東京1Rと言ったら、
16頭立てレースで、1着はなんと15番人気のミキノタマテバコ。
名前にインパクトはあるが、聞かない馬だ。
2着は7番人気タガノエヴァンジル、3着は1番人気ナオアンドユリといった着順でした。

あなたはこのレース中、何をしていましたか?寝ていました?移動中でした?
予想を実際にした方。当たりましたか?
遠藤真吾は当ててます。

この15番人気ミキノタマテバコは単勝オッズで10,380円。
3連単は693,990円と、とんでもない配当がつきました。
1点500円購入していたので、3,469,950円獲得。


これこそが、元々競馬業界にいた人間の実力であり、
顔出しをして予想を提供しているプロの実力と、的中の責任です。

遠藤真吾氏が今週、これだけは最低限的中させると、
函館SS(G3)をターゲットレースとして決めてます。

登録無料。ぜひご覧あれ!
⇒ http://pride-k.com/

※アドレス送信後、返信メールのURLをクリックでサイトに入れますが、
たまに返信メールが迷惑メールフォルダに入りますので、確認忘れがないようにしてください。