6月13日(水)に行われる関東オークス2018の予想です。
関東オークス2018予想
関東オークスの過去3年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめています。
【関東オークス2018】出走表はこちらです。

★関東オークスの過去3年の傾向

ロベルト系ゴールドアリュール(サンデーサイレンス系)アッミラーレ(サンデーサイレンス系)などのパワー型ターントゥ系(大系統)が中心となっています。


ヴァイスリージェント系の血統を持つ馬が毎年好走しており、要注目ですね。


先週は騎手情報馬ゴムマリが1着となり32万円の払い戻しとなり競馬ブログランキングも4位に上昇!
今週は『騎手情報馬』『厩舎情報馬』の出走週となります。



◎はクロフネ産駒(ヴァイスリージェント系)の、この馬⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。
ヴァイスリージェント系は関東オークスの好走血統で過去3年は毎年好走しています。
前走でかなり厳しい流れを経験して結果を出したことは心強い。
クロフネ産駒(ヴァイスリージェント系)の川崎D2100m成績も下の表の通りで、軸としての信頼度は高いと思います。
関東オークス2018予想参考
※こちらのデータは競馬最強の法則WEB様が提供している、地方競馬対応のデータベースソフト「KEIBA DATA SCOPE」を使用しています。


○プリンセスノンコ。
父ボールドルーラー系×母父ヴァイスリージェント系
母父のヴァイスリージェント系は好走血統ですし、持続力を活かしたいボールドルーラー系なので外枠も悪くないはず。
能力も高く、我慢が利けばここも好勝負になるはず。


▲エグジビッツ。
サウスヴィグラス産駒(ミスプロ系)は2016年にタイニーダンサーが勝利。
同産駒のコース成績も上の表に載っていますが、この距離でも侮れない成績で、人気が落ちそうなここであえて狙いたいですね。


△クレイジーアクセル。
ロージズインメイ産駒(ヘイロー系)
パワー型ターントゥ系(大系統)はこのレースの中心血統。
逃げることが出来なかった時にどうなるかの不安はあるものの、逆に自分の競馬が出来た時の魅力も大きいですね。


△ハービンマオ。
ハービンジャー産駒(ダンチヒ系)という面から見るとダートではあまり狙いたいとは思いませんが、母父のゴールドアリュール(サンデーサイレンス系)の方から見れば問題なし。
揉まれない方が良いと思うので、出来るだけ早めにそういう形を作りたいですね。


【予想印】
最強競馬ブログランキングで公開中です。
○プリンセスノンコ
▲エグジビッツ
△クレイジーアクセル
△ハービンマオ


PR.『競馬リポート』は、なんと管理人が自腹を切って競馬サイトを検証!

今、どの競馬サイトが当たっているのか?

これは競馬ファンなら知りたい情報。

そのため、世の中にはクチコミ系のサイトが増えています。

ただ、そういうサイトの不安点は
そのクチコミが本物かどうか?ということ

そこで立ち上がったのが、
『競馬リポート』の管理人である田中氏。

自腹を切って検証。
そして、そのリポートを『競馬リポート』内で公開しているんです。

たしかにこれは効果的ですが、
実際にやるとは、凄い行動力ですね!?


また、『競馬リポート』では他サイトの検証報告だけではなく、
情報コンテンツも充実!

月曜日:週末メインレースの回顧
火曜日:競馬予想サイトの的中情報紹介
水曜日:週末の重賞分析
木曜日:注目の競馬ニュース
金曜日:重賞レースの最終追い切り情報&注目馬紹介
土曜日:土曜メイン予想馬券
日曜日:日曜メイン予想馬券


特に金曜日の「重賞レースの最終追い切り情報&注目馬紹介」と土曜メイン予想馬券、日曜メイン予想馬券は
直接馬券に役立つと大好評ですよ。
競馬リポート


管理人の田中氏による自腹検証と
充実の無料コンテンツが2本柱の『競馬リポート』

登録無料で利用できますので、試してみてはいかがでしょうか!
⇒『競馬リポート』への無料登録はこちら