京成杯2018が行われる中山芝2000mの血統データを、予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。
京成杯2018予想参考
中山芝2000mの傾向を分析することで京成杯の注目馬を探します。
ハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)が同じコースで行われたG1ホープフルステークスを勝つなど好調です。


☆先週はグレイソヴリン系が目立っていました。
ハーツクライ自身の母父もグレイソヴリン系です。


サンデーサイレンス系では他にディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)ステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)も悪くないですね。


ハービンジャー産駒(ダンチヒ系)サドラーズウェルズ系といったスタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)ロベルト系も好調です。
特にホープフルステークス・中山金杯と重賞を連勝している母父ロベルト系には要注目です。
京成杯の登録馬では、マイハートビート・ロジティナが母父ロベルト系
ジェネラーレウーノが父ロベルト系です。


最強競馬ブログランキング


競馬プロが見せる本気
それが『ホースキング』


競走馬は一般的に数値化されている競走能力とは別に「コース適性」「距離適性」など複数の要素が存在します。
それらを『ホースキング』独自システムにより、当て込み今回出走レースの状況と重ね合わせる事で本来の競走能力を出します。


馬も人間同様に生き物であり、体調を崩すことがあります。
現地の調教師の情報収集に力を入れ、出走馬1頭ずつ確認を怠ることなくすることで、的中をお届け出来てます。


競馬業界では何より情報命といっても過言ではありません。
メディアに流れない馬主や調教師や騎手などの「ホンネ」というのが存在します。
ホンネを取材することで業界に飛び交う様々な情報に惑わされることなく、間違いない情報収集にて的中をお届けできてます。


『ホースキング』初回会員様には競馬関係者情報+10,000円分のポイントを贈呈させて頂きます。
無料登録された方は、これから膨大な関係者情報を保有する事になります。
競馬生活も夢ではないということを証明させて頂きます。


ホースキング