菊花賞2016予想10月23日(日)に行われる菊花賞2016の予想です。
菊花賞の出走馬と過去5年の1〜3着馬の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。
【菊花賞】過去5年の傾向(出馬表から):☆ダンスインザダークスペシャルウィークディープインパクトなど、菊花賞や春の天皇賞を勝ったサンデーサイレンス系種牡馬の血統が活躍しています。
ダンスインザダークの全弟トーセンダンス(サンデーサイレンス系)の産駒、ディープインパクトの全兄ブラックタイド(サンデーサイレンス系)の産駒も好走していることから、菊花賞・春の天皇賞血統の兄弟にも注目したいですね。
☆その他のスタミナ型サンデーサイレンス系ももちろん悪くないです。
☆馬券圏内に来ている馬の多くはスタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)の血統を持っています。母父や、母母父あたりまでチェックしたいですね。
ロベルト系、スタミナ型ナスルーラ系(大系統)も良いですね。

京都芝コースの傾向(表):☆2200mではダンチヒ系が絶好調です。
☆土曜日の2400mではハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)が勝利。ハーツクライ自身の母父はトニービン(グレイソヴリン系)、京都大賞典の2・3着馬もトニービンの血統を持っていました。


kuriyama
栗山求は菊花賞をこう見る!



◎はディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)で、京都重賞実績・2200m以上の距離実績があるサトノダイヤモンド。
これまで菊花賞で馬券圏内に来たディープインパクト産駒は以下の3頭。

2011年3着トーセンラー:2200mのセントライト記念2着、京都の重賞きさらぎ賞1着。
2013年2着サトノノブレス:2400mの神戸新聞杯3着、京都のレースつばき賞1着。
2015年2着リアルスティール:2400mの神戸新聞杯2着・日本ダービー4着、京都は菊花賞の時が初めて。

さらに、2012年に10番人気で4着に好走したベールドインパクトは、京都2200mの京都新聞杯2着、京都の重賞きさらぎ賞3着という実績がありました。
これらのことから、2200m以上の距離に実績があり、京都を走ったことがある場合はコース適性を示していること、これを満たすディープインパクト産駒は菊花賞での好走率は高いと考えられないでしょうか。
サトノダイヤモンドは2400mの神戸新聞杯1着・日本ダービー2着、京都の重賞きさらぎ賞1着という実績があり、このどちらも満たしています。
能力的には世代トップクラス。
距離・京都適性を示しているディープインパクト産駒のこの馬は、菊花賞でも自分の力は出せるのではないでしょうか。

○アグネスフォルテ。
母母父が菊花賞の注目血統ダンスインザダーク(サンデーサイレンス系)
前走の神戸新聞杯は完全にキレ負け。
神戸新聞杯で先行して敗れ、京都替わりの菊花賞で着順をあげて来た馬は2010年ビッグウィーク、2012年ユウキソルジャー、2013年サトノノブレスなどがいます。
この馬は京都新聞杯2着の実績もあるので、期待できるはず。

▲ディーマジェスティ。
こちらは京都は初めても、セントライト記念1着・日本ダービー3着と2200m以上の距離に実績のあるディープインパクト産駒
母父のブライアンズタイム(ロベルト系)、母母父のサドラーズウェルズともにスタミナのある血統。
ただ、個人的にはブライアンズタイムのパワーの面が強く伝わっている印象があり、京都の長丁場はどうなんだろうと半信半疑。
それでも能力はサトノダイヤモンドと双璧ですし、京都の蛯名騎手でこの枠ならうまく誤魔化して乗ってきそうということで。

△カフジプリンス。
父の母父がスタミナ的な持続力に優れたトニービン(グレイソヴリン系)
母父のシンボリクリスエス(ロベルト系)は、産駒のエピファネイアが2013年の菊花賞を勝っています。
スタミナの持続力はここでもトップクラス。
ここ2走は騎乗ミスがあり不完全燃焼。
スムーズに脚を出し切ることが出来れば、まだ可能性はあると思います。

×ミッキーロケット。
父キングカメハメハ(ミスプロ系)×母父Pivotal(ヌレイエフ系)という血統からは3000mは不安。
それでも、菊花賞は順調度が大事なレースですし、前走の神戸新聞杯でサトノダイヤモンドに迫ったことを素直に評価しました。

×シュペルミエール。
ステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)は2011年オルフェーヴル、2012年ゴールドシップが勝利。
気持ちが大事なステイゴールド産駒で、500万下・1000万下を連勝中というのは良い。
スピード負けもしない血統なので、内枠を活かして流れに乗ることが出来れば、後半のスピードが要求されている近年の菊花賞ペースにも対応できるはず。

×ウムブルフ。
2400m、2600mを連勝中のディープインパクト産駒
初の京都、春の走りからは能力的も少し足りないかもという心配はあるものの、距離実績はやはり魅力的。

×レッドエルディスト。
スタミナを活かしてくる末脚の確実性は高い。
後半のスピード色が強いレースになると届かないかもしれないが、スタミナが要求されるレースになれば出番はある。


【予想印】
◎サトノダイヤモンド
○アグネスフォルテ
▲ディーマジェスティ
△カフジプリンス
×ミッキーロケット・シュペルミエール・ウムブルフ・レッドエルディスト
買い目:◎の単勝、◎から馬単マルチ、○から馬連
3連単2頭軸マルチ◎○→▲△××××、◎▲→○△××××、◎△→○▲××××
3連複○から


【菊花賞は間違いなく血統が決め手!】
プロの血統評論家が選ぶ菊花賞の厳選馬はこれだ!


菊花賞は3000mのG1レース
そこで重要になるのが『血統』ですよね!?

じゃあ、どの血統予想家を信頼すれば良いのか・・・。
それは、僕も尊敬している【栗山求(クリヤマモトム)】さんです。

血統分析、配合理論で有名な栗山さんですが、予想もすごいんです。

【栗山求】
◆負けない予想家
◆投資効果抜群の回収率

今週の無料予想は、
10/23(日)京都11R 菊花賞(G1)

栗山求は菊花賞をこう見る!


先週は秋華賞で的中!
実際配信された予想(無料予想より)
----------------------------------------------
10月16日 (日) 京都11R 秋華賞(G1)

◎7ヴィブロス
○2ジュエラー
▲10ビッシュ
△3パールコード
△1エンジェルフェイス
△16ダイワドレッサー

馬単ながしマルチ 7→1、2、3、10、16
----------------------------------------------
【着順】は
1着◎7ヴィブロス
2着△3パールコード
3着…15カイザーバル
で決着!
【実際の購入内容】は

10点的中 ◎△馬単 6170円

ビッシュではなく、「ディープインパクト×マキアヴェリアン」の組み合わせの
ヴィブロスを本命に持っていった予想は圧巻。
ヴィブロスは紫苑S(G3)で2馬身半差で2着決着だったが、3コーナーでの大波乱があっての2着で、
ビッシュと同等の力、もしくはそれ以上と見ている。
そして春から夏そして秋への成長スピードを加味して、ヴィッシュではなく
ヴィブロスを本命指名し見事優勝しています。

この馬単を10点で的中させる自信ありますか?

さらに9月最終週には、無料予想で高配当・高回収を記録しています!
実際配信された予想(無料予想より)
----------------------------------------------
9月24日 (土) 阪神11R 大阪スポーツ杯

◎5サウススターマン
○9ゴールドスーク
▲7ウィッシュハピネス
△14ガンジー
△8ニットウスバル
△4パーティードレス

馬単ながしマルチ 5→4、7、8、9、14
三連単軸1頭ながしマルチ 5→4、7、8、9、14
----------------------------------------------
【着順】は
1着△4パーティードレス
2着◎5サウススターマン
3着○9ゴールドスーク
で決着!
【実際の購入内容】は、

10点的中 △◎馬単 3,850円


60点的中 △◎○三連単 21,070円

【収支結果】は、
購入金額 合計70,000円
払戻金額 合計249,200円
収支金額 合計179,200円勝ち!

無料予想でこの的中と配当!
業界的に3連単の的中率は60点でも20%あれば上出来と言われていますが、
栗山さんは格が違います。毎週のように的中させ実績を残しています!
血統予想の精度は間違いなく高いです。

そして今週は菊花賞!3,000mの長距離レースで血統が最も重要視されます。
栗山さんの血統予想を十二分に発揮できる大注目レースです!

今週の栗山さんの菊花賞予想
業界も注目するほどの貴重な予想となります。

ぜひチェックしてみて下さい!

↓こちらから注目の『菊花賞』血統予想をすぐに、無料で見ることができます!↓
競馬スピリッツ菊花賞
※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLをクリックして登録を完了させてください。登録後「メインレース無料予想」から菊花賞予想を見ることが出来ます。