神戸新聞杯2018が行われる阪神芝コースの血統データを、予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。
神戸新聞杯2018予想参考
阪神芝コースの傾向を分析することで神戸新聞杯の注目馬を探します。
☆神戸新聞杯と同じ2400mのレースでは
ダンチヒ系の血統を持つ馬が1着3着
トニービン(グレイソヴリン系)の血統を持つ馬が2着3着でした。
※神戸新聞杯の登録馬ではダブルシャープが父ダンチヒ系です。



ノーザンダンサー系(大系統)ではダンチヒ系の他にサドラーズウェルズ系も良いですね。



ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)も悪くありません。
※神戸新聞杯の登録馬ではワグネリアンがディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)です。


先週の3日開催は5戦3勝で50万円獲得となりました。
先週は日曜日の中山メインで5番人気のアングライフェンを穴馬指定で208倍的中!
今週は3スプリンターズSの1週前となりますが、穴馬出走週となり、秋のG1線戦の資金を確保していただきます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━

  <第66回 神戸新聞杯(G2)>

   ダービー・皐月賞馬出走も
    波乱の立役者とは!?

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、人気馬の成績では、1人気[7.2.0.1]、2人気[1.2.2.5]、3人気[1.2.2.5]と圧倒的に1人気の成績が目立つ。連対を外したのは1度のみと信頼度は高い。平均配当では馬連1670円、3連複5760円、3連単2万8610円で波乱はなく二桁人気馬の好走もない。

ステップレース別の成績ではダービー組(8勝)、1600万組(1勝)、ラジオNIKKEI賞組(1勝)とダービー組からの勝利馬が多い。また、優勝馬は出ていないが1000万下組は2着3回3着4回と連対馬を3頭出しているように夏の上がり馬の好走も目立つ。

今年はダービー馬ワグネリアン、皐月賞馬エポガドーロがスタンバイ。他にはダービー4着馬エタリオウ、ラジオNIKKEI賞の優勝馬メイショウテッコンなどが参戦。ワグネリアン、エポガドーロの2強対決が注目されるが、競馬セブンでは2頭に割って入る人気薄の激走情報を入手済!菊花賞トライアルの神戸新聞杯も絶対にお見逃しのないようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『神戸新聞杯・3点勝負』を特別公開情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

  <第66回 神戸新聞杯(G2)>

   ダービー・皐月賞馬出走も
    波乱の立役者とは!?

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

競馬セブン神戸新聞杯