9月23日(日)に行われる神戸新聞杯2018の予想です。
神戸新聞杯2018予想
神戸新聞杯の出走馬と過去5年の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。
★【神戸新聞杯】過去5年の傾向

☆昨年は父キングマンボ系(ミスプロ系)という馬が1着2着。
キングマンボ(ミスプロ系)の血統を持つ馬は3年連続好走中で要注目です。
※今年の出走馬で父か母父がキングマンボ(ミスプロ系)なのはステイフーリッシュ・ビッグスモーキー・メイショウテッコン・ワグネリアン


ディープインパクト(サンデーサイレンス系)の血統もやはり良いですね。
昨年の勝ち馬レイデオロはディープインパクト(サンデーサイレンス系)と同じ牝系です。
※今年の出走馬ではワグネリアンがディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)です。


☆やはりダービー組が中心になっています。


☆上がり馬は古馬相手の1000万下条件で連対以上、上がり上位の脚を使っていた実績がほしいですね。


★阪神芝コースの傾向
神戸新聞杯2018予想参考阪神芝コース

ダンチヒ系の活躍が目立っています。


ハーツクライ(サンデーサイレンス系)などトニービン(グレイソヴリン系)の血統を持つ馬にも注目です。


先週の3日開催は5戦3勝で50万円獲得となりました。
先週は日曜日の中山メインで5番人気のアングライフェンを穴馬指定で208倍的中!
今週は3スプリンターズSの1週前となりますが、穴馬出走週となり、秋のG1線戦の資金を確保していただきます。




◎はステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)の、この馬⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。
この馬の良いところは仕掛けてからの反応。
その分だけ最後まで脚が続かないというレースが多かったのですが、ダービーでは動かずにしっかり溜める競馬をするとそれに応えて上がり2位の脚を使って4着まで伸びてきました。
今回はメンバー的に馬群は固まったまま進みそうですし、そうなると末脚の重要性が増すのでダービーの競馬が活きてくるはず。
もしそうならないとしても、動いていけるタイプにデムーロ騎手というのは、仕掛けのタイミングの正確さプラス最後まで脚をもたせる腕ということで相性は良いと思います。
血統的にはパワーもありますし、ステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)なので雨の残る馬場もプラスになる可能性が高いはず。


○ワグネリアン
父ディープインパクト(サンデーサイレンス系)×母父キングカメハメハ(ミスプロ系)
ディープインパクト(サンデーサイレンス系)の血統、母父のキングマンボ系(ミスプロ系)ともに神戸新聞杯の好走血統。
ダービーは福永騎手の好判断が大きかったことは確かですが、直線の長いコースでは負けたことがないようにやはり世代トップと言っても良いくらいの能力を持っている馬。
今回も力を出しやすいコースだと思います。


▲ゴーフォザサミット
ハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)
青葉賞ではコース取りも仕掛けのタイミングもすべてが噛み合った。
それが出来ればあれだけ突き抜けるポテンシャルがある馬で、少頭数・パンパンではない馬場・末脚比べという条件が重なればそれを再現できる可能性もある。


△エポカドーロ
オルフェーヴル産駒(サンデーサイレンス系)
先行力があって末脚もしっかりしているので、レース内容には文句の付け所がない。
ただ、母父がフォーティナイナー(ミスプロ系)というのは、いつか王道路線では厳しくなるのではないかという不安も感じさせるので4番手評価まで。
雨の残る馬場はプラスになると思います。

アドマイヤアルバの血統と一瞬の脚、ステイフーリッシュも血統と自在性が魅力なのですが、頭数を考えて今回は見送りました。


【予想印】
最強競馬ブログランキングで公開中です。
○ワグネリアン
▲ゴーフォザサミット
△エポカドーロ
買い目:◎○▲の単勝、◎と○からワイド
◎から3連単マルチ、○から3連複


PR ) 高額配当続出!今週は神戸新聞杯!

元騎手・調教助手の遠藤氏が監修するサイト「PRIDE」
毎週的中を積み上げているのは遠藤氏の考察が反映されているから。


先週は重賞の的中はありませんでしたが、高配当を3本的中!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
高額配当的中!
★9月16日 (日)
中山5R メイクデビュー中山
3連単  5,588,330円
★9月15日 (土)
中山7R 3歳未勝利
3連単  4,777,300円
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

今週の無料提供レースは「神戸新聞杯」です。
メールアドレスを登録して確認メールからログインするだけ!
元騎手・調教助手のPRIDEをとくとご覧あれ!
⇒神戸新聞杯の予想を無料で見る!