8月5日(日)に行われる小倉記念2018の予想です。
小倉記念2018予想
小倉記念の出走馬と過去5年の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。
★【小倉記念】過去5年の傾向

ハービンジャー産駒(ダンチヒ系)が3年連続で好走しています。
※今年の出走馬ではサンマルティン・マイネルサージュ・レイホーロマンスがハービンジャー産駒(ダンチヒ系)です。


☆その他にもサドラーズウェルズ系ニジンスキー系などスタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)はよく走っています。


トニービン(グレイソヴリン系)の血統を持つ馬も大活躍しています。
父の母父や、母母父あたりまでチェックした方が良さそうです。
※今年の出走馬ではサトノクロニクルがトニービン(グレイソヴリン系)の血統を持っています。


☆スピード負けせず2000mへの適性が高いサンデーサイレンスの血統と、これらのスタミナ型血統をあわせ持つ馬が中心になっています。
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)はここでも活躍しています。


★小倉芝2000mの傾向
小倉記念2018予想参考小倉芝2000m

ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)は3レースすべて連対しています。


ミスキャスト(サンデーサイレンス系)ハーツクライ(サンデーサイレンス系)といったトニービン(グレイソヴリン系)の血統を持つサンデーサイレンス系種牡馬の産駒も好調です。
※今年の出走馬ではサトノクロニクルがハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)です。


先週は平場の倍額勝負レース的中で約40万円獲得!
今週も倍額勝負レース提供週となります。今週の倍額勝負レースで先週以上の高額払い戻しを狙っていただきます。




◎はステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)の、この馬⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。
ステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)は2015年にウインプリメーラが3着に好走。
スピード・スタミナともに不安なく、機動力にも優れた血統なのでローカルの中距離ではやはり警戒したい血統です。
本命馬は2走前にはカラ馬に絡まれたりとチグハグな競馬も最後は盛り返して4着。
そして前走ではしっかり勝利と、心身ともに充実している印象。
特にステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)は気持ちが大事なので、この充実ぶりは好材料だと思います。


○トリオンフ
父タートルボウル(ノーザンダンサー系)×母父ダンスインザダーク(サンデーサイレンス系)
スピードとスタミナのバランスが取れた血統。
小倉も得意。
外枠なので前半でのポジション確保や、そこからの仕掛けのタイミングなど、勝ちきるためにはクリアしなければいけないこともありますが、地力上位なので余程のことがなければ崩れることもないはず。


▲ストロングタイタン
Regal Ransom産駒(ミスプロ系)
どちらかと言えばスピード寄りのタイプ。
そのため距離ロスを抑える必要があるなどの注文は付くのですが、宝塚記念よりは明からに緩い条件になることは良いですし、内目の枠に入ったことで鳴尾記念の再現の可能性も高まった。


△サトノクロニクル
ハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)
ややスタミナ寄りの総合力タイプ。
じっくり構えていればスタミナ寄りの流れになった時にはしっかり伸びてくるでしょうし、スローなら前目でロスなく運びたい。
となると、やはり外目の枠が不安材料で、上手く流れと噛み合うかどうか。


△キンショーユキヒメ
メイショウサムソン産駒(サドラーズウェルズ系)
スタミナ寄りの総合力タイプなのでレース適性はある。
位置取りの不安はありますが、真ん中よりも内目の枠に入ったので距離ロスを抑えることで誤魔化すことが出来る可能性も出てきた。
少頭数の中距離ローカル重賞は勝った福島牝馬Sと似た状況で要警戒。


△サンマルティン
△マイネルサージュ
2頭ともハービンジャー産駒(ダンチヒ系)
ハービンジャー産駒(ダンチヒ系)は小倉記念を3年連続好走中の注目血統。
サンマルティンは昨年2着。かかるところがあるので前半の入りがポイント。
マイネルサージュは前走の七夕賞ほど展開面で恵まれる可能性は低いものの、スピード面でも対応出来ているように近走の充実度は高く、やはり侮れない。


【予想印】
最強競馬ブログランキングで公開中です。
○トリオンフ
▲ストロングタイタン
△サトノクロニクル
△キンショーユキヒメ
△サンマルティン
△マイネルサージュ
買い目:◎○▲の単勝
◎と○からワイド、◎から3連単マルチ、○から3連複


PR.『馬生(ウマナマ)』の強みは現場からのナマ情報と少ない買い目です。
『クイーンS』でも信用できるナマ情報は必見です。


今週の注目重賞はハンデ戦『小倉記念』

少頭数でも荒れることが多く、
一昨年は12頭立てでも32万馬券の波乱決着となっています。

夏のハンデ重賞ですから、
各馬の状態の把握が重要になります。


こういう時に頼りになるのが現場の生情報ですし、
今回見つけた『馬生(ウマナマ)』は、その生情報に定評があるんです。

調整過程での状態はもちろん、
レース当日の馬場状態や、
パドックに返し馬までしっかりとチェックして
まさにナマ情報を配信してくれます。

僕なんかは血統で予想を組み立てていますから、
こういうナマ情報を補完できることはかなり助かりますし、
とてもプラスになっています。

これは他にもデータ派、指数派など
いろいろな方にとってもそうなると思いますね。


また、馬生は買い目が少ないことも良い!
その一例として先日の的中例を紹介します。

↓原文まま↓
☆:*:★:*:☆:*:★:☆
スタンダードプラン
☆:*:★:*:☆:*:★:☆
2018-7-22(日)
●中京8R
★3連複5点★3歳以上500万円以下
発走:13:50

サンライズチャージはこの距離での実績を持つ。今回、最内枠を引き当てたこともプラス要素となり得るだろう。状態も良好、稽古でも良く動けており軸として妥当だろう。タガノアムは近2走の末脚は目を見張るもの。展開次第になることは否めないが、大崩れの可能性はまず低いだろう。調子も良い。
___________

◎ 1番 サンライズチャージ
○ 16番 タガノアム
▲ 6番 クリノアントニヌス
△ 3番 メイショウナガマサ
△ 4番 アドマイヤムテキ
△ 14番 ハウリング
☆ 11番 ジュピターカリスト
___________

≪3連複・軸2頭5頭ながし≫
【軸】1・16
【相手】3・4・6・11・14
(計5点)
(1点2000円推奨)

●中京8R
★3連複5点★3歳以上500万円以下
3連複1-14-16
75万6400円!! ←3連複5点的中!!

ナマ情報が正確だからこそ、買い目を
たった5点まで絞ることができているんですね。

いくら3連単で高配当とかいっても、
やっぱり常識的に考えて、何十点も買うっていうのはきついと思うんですよ。

その点、馬生はたったの5点で的中していますからね!
しかもそれで75万円の払い戻しはリターンがでかい!
これは無理なく実践できる範囲だと思います。

このお手軽感と爆発力をあわせもつ予想は
『馬生(うまなま)』の真骨頂だと思いますね!


少点数で大きく勝つ!『馬生(ウマナマ)』の【小倉記念】無料極秘ナマ情報は必見!
人数限定での公開ですので、いまのうちに登録することがオススメです!

  ↓  ↓  ↓  ↓
馬生小倉記念